•  
  • メール
最終更新日 2015年4月1日
ページID 006803印刷

「住居確保給付金事業」のお知らせ

離職等の理由で経済的に困窮し、住居を失っている方や失うおそれのある方を対象として、住居確保給付金を支給するとともに、再就職に向けた支援を行います。  

 相談窓口

  • 所在地 中野区役所2階17番「中野くらしサポート」窓口(中野区中野4丁目8番1号)
  • 電話番号 03-3228-8950
  • 受付時間 午前8時30分から午後17時
  • 受付日 月曜日から金曜日(祝日・年末年始を除く)


なお、相談は予約制です。まずは、お電話でお問い合わせください。

支給額

給付額については、世帯構成及び家賃等により給付額が決定します。
(生活保護住宅扶助基準額に基づく支給上限があります。)
詳しくは相談窓口までお問い合わせください。

なお、給付金は家主等へ直接振り込みします。

支援対象者

支給申請時に以下の要件すべてに該当する方が対象となります。

  1. 離職後、2年以内の方及び65歳未満の方
  2. 離職前に、自らの労働により賃金を得て主として世帯の生計を維持していた方
  3. 就労能力及び常用就職の意欲があり、ハローワークへ求職申し込みを行う方
  4. 離職により住宅を喪失していることまたは喪失するおそれのあること(喪失するおそれのあることとは、下記5及び6の要件に該当し、賃貸住宅等に入居していること)
  5. 申請日の属する月における申請者及び申請者と同一の世帯に属する者の収入の合計額が、基準額に申請者の居住する賃貸住宅の家賃額を合算した額以下であること。なお、基準額とは市町村民税均等割の非課税となる収入額の十二分の一 の金額のことです。
  6. 申請者及び申請者と同一世帯に属する者の所有する金融資産の合計額が、
    基準額×6以下であること。ただし、100万円を超えないものとする 
  7. 雇用施策による貸付または給付(職業訓練受講給付金など)、自治体等が実施する類似の貸付または給付を、申請者および申請者と生計を一つにしている同居の親族がうけていないこと
  8. 申請者及び申請者と生計を一とする同居親族のいずれも暴力団員でないこと

支給期間

支給期間は原則3ヶ月です。ただし、一定の条件を満たした場合は、3ヶ月ごとに延長出来る場合も有ります。

受給中の義務その他

  1. 毎月2回以上、ハローワークでの職業相談を受けていただきます。
  2. 毎月4回以上、区の支援員等による面接を受け、就職活動の状況を報告していただきます。
  3. 原則として週1回以上、求人先への応募を行うか、求人先との面接を受ける必要があります。
  4. この給付は、常用就職により収入を得られることになった時は支給が終了します。
  5. 就職活動を行わない場合や不正に給付を受けた場合には、給付の一部または全額を返還していただきます。

関連ファイル

PDFファイルの閲覧には、Adobe Reader(新しいウインドウが開きます)が必要です。

このページについてのお問い合わせ先

健康福祉部 生活援護分野 自立支援担当(自立相談支援機関)

区役所2階 17番窓口

電話番号 03-3228-8950
ファクス番号 03-3228-5601
メールフォーム
受付時間 月曜日から金曜日の午前8時半から午後5時まで(祝休日、年末年始を除く)

このページを評価する

ウェブサイトの品質向上のため、このページについてのご意見・ご感想をお寄せください。
より詳しくご意見・ご感想をいただける場合は、お問い合わせ・ご意見フォームからお送りください。

簡易アンケート