•  
  • メール
最終更新日 2017年7月3日
ページID 022127印刷

ロタウイルスワクチン接種費用の一部助成

保護者の希望により接種

ロタウイルスワクチン接種は、予防接種法に基づいた接種努力義務のある定期予防接種ではありません。中野区小児任意予防接種費用助成要綱に基づいて、対象のお子さんの接種費用は助成されますが、扱いは任意予防接種ですので、 接種するかしないかは、接種対象者の保護者の希望と医師の判断によります。

ワクチンの効果と副反応

 ロタウイルス感染性胃腸炎は、ロタウイルスが口から入ることによって起こる感染症です。
 大人は、何度もロタウイルスに感染しているため、ほとんど症状が出ません。しかし、乳幼児は、激しい症状が出ることが多く、特に初めて感染したときに症状が強く出ます。主な症状は、突然の嘔吐(おうと)、発熱、水のような下痢、腹痛です。合併症として、脱水、けいれん、肝機能異常、急性腎不全、脳症、心筋炎などが起こることがあります。
 ロタウイルスワクチンは飲む(=経口接種する)ワクチンで、効果はロタウイルス感染性胃腸炎の予防(特に、初回感染時の重症化の予防)です。
 5歳までの急性胃腸炎の入院患者のうち、およそ2人に1人はロタウイルスが原因です。

副反応

ロタウイルスワクチンはロタウイルスを弱毒化した生ワクチンなので、接種の副反応として、

  • 下痢(接種児100人あたり4、5人)
  • 嘔吐(接種児100人あたり4人)
  • 胃腸炎(接種児100人あたり3人)
  • 鼻咽頭炎(接種児100人あたり3人)
  • 発熱(接種児100人あたり1人)
  • 腸重積症(接種児10万人あたり6人)

などが報告されています。

助成の対象者

2016(平成28)年4月1日以降に生まれた、中野区にお住まい(東日本大震災に伴う被災者を含む)の、次の週数のお子さん

ロタリックスを接種する場合

生後6週から24週まで

ロタテックを接種する場合

生後6週から32週まで

助成額と助成回数

ロタウイルスワクチンは2回接種のもの(ロタリックス)と3回接種のもの(ロタテック)がありますが、どちらを接種する場合も、1人につき、6,000円を1回、助成します。 

接種スケジュールについて

  • ロタウイルスワクチンは生ワクチンですので、接種後27日間は、他の予防接種は受けられません。
  • 予防接種スケジュールなどを参考にして、かかりつけ医と相談して、接種漏れがないようにしましょう。

助成方法

中野区内の実施医療機関で接種する場合

接種のあと支払いの際に、各医療機関で定める予防接種料金から、上記助成額を差し引いた金額を請求されますので、その額をお支払いください。

支払例

予防接種料金が1万円の医療機関で接種を受けた場合、接種料金1万円から助成額6,000円を引いた差額の4,000円を、接種後その医療機関に支払ってください。

その他の医療機関で接種する場合

医療機関に自費で全額接種費用を払って接種してから、あとで事後請求(還付請求)の申請をしていただき、金融機関口座振込の方法で、助成を受けることができます。なお、事後請求では、申請から請求者名義の金融機関の口座に助成金が振り込まれるまでに、2か月前後かかります。

事後請求の申請時にお持ちいただくもの

  1. 接種内容が確認できる医療機関発行の領収書(医療機関の住所・名称・領収印のあるもの)
  2. 助成を受ける予防接種の記録(母子健康手帳など)
  3. 請求者の口座番号のわかるもの(通帳でなくメモでも可)
  4. 朱肉を使う印鑑(上記口座の届出印でなくても可)

事後請求申請期限

接種した日の翌年度の9月末日まで

事後請求申請受付窓口

なお、郵送による申請を希望される場合は、中野区保健所予防接種担当(電話03-3382-6500、ファクス03-3382-7765)までご連絡ください。

接種方法

東日本大震災に伴う被災者の方

まず、接種を希望するお子さんの母子健康手帳や年齢のわかるものがあれば持参して、予防接種予診票の交付申請をしてください。申請受付窓口は、

です。なお、中野区保健所のみ即日交付で、その他は後日に予診票と医療機関一覧の郵送交付となります。

接種場所

  • ロタウイルス予防接種は、受けたい方が各自で医療機関と日時を調整し、その医療機関に出向く個別接種です。
    医療機関によって、接種の曜日・時間などが異なりますので、必ず事前に各医療機関にお問い合わせの上、予約をしてお出かけください。
  • 中野区内の実施医療機関の詳細は、中野区予防接種実施医療機関一覧をご覧ください。その他の医療機関については、直接医療機関にお問い合わせください。

接種当日

  • 母子健康手帳と、お子さんが中野区にお住まいであることを証明するもの(お子さんの健康保険証など)を、医療機関にお持ちください。
  • 中野区内の実施医療機関には、ロタウイルス予防接種予診票を備えてあります。その他の医療機関については、直接医療機関にお問い合わせください。
    東日本大震災に伴う被災者の方は、必要事項を記入した予診票を、医療機関にお持ちください(母子健康手帳などはあれば持参)。
  • 保護者の代わりに、保護者以外の方が接種に同伴する場合は、委任状も医療機関にお持ちください。詳しくは未成年者が予防接種を受けるには、保護者の同伴が必要ですにお進みください。

接種後

  • アレルギーぜん息など基礎疾患のあるお子さんは、接種のあと医師の指示に従って、一定時間はそのまま医療機関で待機するようにしましょう。
  • ワクチン内のウイルスが接種したお子さんの便の中に出ることがあるので、接種後2週間は、おむつ交換時に丁寧に手洗いしましょう。
  • お子さんの体調の変化に注意して、副反応かどうかわからなくても、異常を感じたら、速やかに医師の診察を受けてください
    保健所は、区民のみなさんに健康安全情報を発信するため、健康被害に関する情報を収集したり、調査したりしています。気になることがありましたら、中野区保健所予防接種担当(電話03-3382-6500、ファクス03-3382-7765)まで、ご連絡ください。
  • 予防接種による健康被害の救済制度については、健康被害が起こったらにお進みください。

このページについてのお問い合わせ先

健康福祉部 保健予防分野 予防接種担当

中野区保健所2階4番窓口

電話番号 03-3382-6500
ファクス番号 03-3382-7765
メールフォーム
受付時間 午前8時半~午後5時

このページを評価する

ウェブサイトの品質向上のため、このページについてのご意見・ご感想をお寄せください。
より詳しくご意見・ご感想をいただける場合は、お問い合わせ・ご意見フォームからお送りください。

簡易アンケート