•  
  • メール
最終更新日 2016年9月6日
ページID 017592印刷

大人の風しん抗体検査・ワクチン接種の費用助成

赤ちゃんの健康を守るために

風しんは、風しんウイルスに空気感染(ウィルスが空気中に飛び出し、1メートル以上離れた人に感染)することによって、発熱や発疹、リンパ節の腫れなどが生じる病気です(国立感染症研究所 風疹Q&A(2012年改訂))。
風しんにかかってもほとんどの人は軽症で治りますが、免疫のない女性が妊娠中に感染すると、生まれてくる赤ちゃんに障害(先天性風しん症候群)が生じるおそれがあります。
平成25年は、32人の赤ちゃん(およそ3万2千人に1人)が先天性風しん症候群と診断されました(国立感染症研究所 先天性風しん症候群の報告)。
中野区では、風しんのまん延や先天性風しん症候群の予防のために、平成26年4月1日から、風しん抗体検査費用の全額、および、予防接種費用の一部を助成しています(厚生労働省 風しんの感染予防の普及・啓発事業)。

助成対象

中野区にお住まいの19歳以上49歳以下の方で、下記のいずれかに該当する方です。

風しん抗体検査

女性

妊娠を予定または希望している方

男性

妊娠を予定または希望している女性または妊婦の配偶者の方(婚姻の届出をしていなくても、同居していれば可)

風しん予防接種

  • 風しん抗体検査の結果、医師が風しん予防接種を推奨する方(抗体検査は、上記の助成対象の検査だけでなく、他の機会(妊婦健診など)の検査でも可。ただし、風しん抗体検査の結果が確認できない場合は、上記の助成対象の検査要)
  • なお、妊娠している女性(妊婦)へのワクチン接種はできません。

助成額・助成回数

中野区内の実施医療機関以外での検査・接種は費用助成の対象外です(その場合は、全額自費負担)。

風しん抗体検査

風しん抗体検査の費用の全額を、1人につき1回助成します(=検査費用は無料)。

風しん予防接種

風しん単抗原ワクチン、または、MR(麻しん(はしか)・風しんの2種混合)ワクチンのいずれかの予防接種に、6,000円を上限に、1人につき1回助成します(=接種費用は、中野区内の各実施医療機関で定めた接種費用から助成額(6,000円)を差し引いた額)。

検査・接種の受け方

1.まず助成券・予診票交付申請

風しん抗体検査または予防接種の費用一部助成を希望する方は、身分証明書をお持ちになり、中野区保健所 保健予防担当まで、平日の午前8時30分から午後5時までの間に、お越しください。その場で、風しん抗体検査助成券・予防接種予診票をお渡しします。

直接お越しになれない場合

下記関連ファイルの「風しん抗体検査助成券・予防接種予診票交付申請書」をダウンロードして、下記関連ファイルの「記入例」を参考に必要事項を記入の上、「〒164-0001 中野区中野二丁目17番4号 中野区保健所 予防接種担当」まで、郵送またはファクス(ファクス番号03-3382-7765)にて申請をお願いします。

2.次に医療機関へ予約

  • 風しん抗体検査、および、風しん予防接種は、検査・接種を希望する方が各自で医療機関と日時を調整し、その医療機関に出向く個別検査・個別接種です。
    医療機関によって、検査・接種の曜日・時間等が異なりますので、必ず事前に各医療機関にお問い合わせの上、予約をしてお出かけください。
  • 風しん単抗原ワクチンもMR(麻しん(はしか)・風しんの2種混合)ワクチンも生ワクチン(生きている菌)です。
    女性の方は、妊娠の可能性のない月経中や直後の時期を選んで、接種後2ヶ月間は避妊しましょう。
  • ワクチンの効果・副反応の詳細については、次の参考リンク先をご覧ください。

参考リンク先

3.検査・接種当日の注意

関連ファイル

PDFファイルの閲覧には、Adobe Reader(新しいウインドウが開きます)が必要です。

このページについてのお問い合わせ先

健康福祉部 保健予防分野 予防接種担当

中野区保健所2階5番窓口

電話番号 03-3382-6500
ファクス番号 03-3382-7765
メールフォーム
受付時間 午前8時半~午後5時

このページを評価する

ウェブサイトの品質向上のため、このページについてのご意見・ご感想をお寄せください。
より詳しくご意見・ご感想をいただける場合は、お問い合わせ・ご意見フォームからお送りください。

簡易アンケート