•  
  • メール
最終更新日 2015年3月18日
ページID 001791印刷

大気汚染医療費助成

東京都の大気汚染医療費助成条例が改正され、平成27年4月1日から、気管支ぜん息にかかっている18歳以上の方の医療費助成の新規認定はなくなりました(現在お持ちの医療券の更新は可能)。

大気汚染の影響を受けると推定される、気管支ぜん息等の疾病にかかっている一定の要件を満たす方が、申請して医療券を交付されると健康保険適用後の医療費の自己負担分が助成されます(ただし、一部助成の対象とならないものあり)。

助成対象者

助成の対象者は、以下の1から5の全てに該当する方です。

  1. 18歳未満の方(18歳の誕生日が属する月の末日までの間にある方を含む。)
  2. 都内に引き続き1年以上(3歳未満の方は6か月以上)お住まいの方(住民登録されている方) 
  3. 現に気管支ぜん息、慢性気管支炎、ぜん息性気管支炎、肺気しゅにかかられている方
  4. 健康保険等に加入されている方
  5. 申請日以降喫煙しない方

助成される費用

医療券の有効期間内に、医療券に記載された疾病の治療に要した医療費のうち、健康保険等を適用した後の自己負担額について助成します。

助成されない費用

次の1から6までの費用は、助成の対象になりません

  1. 医療券に記載されていない疾病の医療費
  2. 入院時の食事療養標準負担額または入院時の生活療養標準負担額
  3. 健康保険が適用されない医療費
  4. 吸入器購入費用・レンタル料
  5. 「主治医診療報告書」の作成費用(文書作成料)および検査費用
  6. 「医療費支給申請書兼口座振替依頼書」に医療機関で証明を受けるときにかかる費用

助成の流れ

  1. はじめに、各すこやか福祉センターもしくは中野区保健所2階5番窓口・区民健診担当にて申請書類をお渡しします(参考:東京都 新規申請に必要な書類)。
    郵送で取り寄せを希望される方は、担当までお問合せください。
  2. 申請をされた後、中野区では月に1回開催される認定審査会で助成の対象になるか審査します。対象者と認定したときは、区から医療券を送付します。このとき、医療助成の開始日は申請を行った日からとなります。
  3. 医療券が交付された後、医療機関の受付に提出することにより、医療助成が受けられます。
  4. 助成開始日以降、医療券が届く前に支払った医療費は、後日東京都へ請求することができます(詳しくは、東京都 医療費の支給申請方法をご覧ください)。

医療券の有効期間

区が申請書類を受理した日から、

  1. 2年を経過した日以降の直近の誕生日の属する月の末日まで
  2. 18歳の誕生日の属する月の末日まで

 のいずれか短い方になります。(医療券に記載されます。)

 有効期間満了後も引き続き助成を希望する場合は、更新することができます。有効期間満了までに(手続きに時間がかかりますのでなるべく1か月前までに)更新の申請をしてください。

注 生年月日が平成9年4月2日以降で、有効期間が18歳の誕生日の属する月までの医療券を既にお持ちの方は、更新することができません

 更新に必要な書類は、有効期間が切れる約2か月前に中野区から該当する方(お子さんが対象の場合はその保護者)に郵送します(参考:東京都 更新申請に必要な書類)。転居などがあった場合は、お知らせが届かないことがありますので、事前に変更の手続きをしてください。変更手続きについては担当までお問合せください。

問合せ先

このページについてのお問い合わせ先

健康福祉部 保健予防分野 区民健診担当

郵便番号164‐0001 中野区中野2丁目17番4号 中野区保健所2階5番窓口

電話番号 03-6304-8091
ファクス番号 03-3382-7765
メールフォーム
受付時間 午前8時半~午後5時

このページを評価する

ウェブサイトの品質向上のため、このページについてのご意見・ご感想をお寄せください。
より詳しくご意見・ご感想をいただける場合は、お問い合わせ・ご意見フォームからお送りください。

簡易アンケート