•  
  • メール
最終更新日 2016年1月13日
ページID 001493印刷

認可保育園(区立直営園)のしおり

認可保育園(区立直営園)のしおり

保育目標

保育園はひとりひとりの子どもを大切にし、集団生活をとおして「じょうぶな体」「豊かな心」を育てる事を目標とします。

保育時間と休日

  1. 保育園の開所時間は、午前7時15分から午後7時15分までです。この範囲で保護者の方と園長とで話し合い保育時間を決めさせていただきます。決める際に考慮するのは、保護者の労働時間(通勤時間含む)、その他家庭状況、子どもの健康状態、年齢などです。ただし、満1歳なるまでは午前7時15分から午後6時15分までです。
  2. 入園当初は、子どもの負担を軽くし、集団にスムーズに慣れさせていくために、短い時間から徐々に通常の保育時間にしていきます。
  3. 日曜日、国民の祝日、振替休日、年末年始(12月29日から1月3日)の期間は休園です。
  4. 災害、感染症の発生等非常の時は、休園になることがあります。
  5. 園舎改築、修繕、消毒、その他事情により家庭での保育をお願いする事があります。

保育園の一日

保育園の一日
時刻 0歳児 1~2歳児 3歳児以上
午前7時15分から 順次登園 順次登園 順次登園
午前9時 保育・教育活動 保育・教育活動 ・おやつ 保育・教育活動
午前10時 食事 保育・教育活動 課題活動など
正午 午睡 食事 食事
午後1時 午睡 午睡 保育・教育活動
午後2時 めざめ・食事 午睡 午睡
午後3時 保育・教育活動 めざめ・おやつ・保育・教育活動 めざめ・おやつ・保育・教育活動
午後6時15分まで 順次降園 順次降園

順次降園

延長保育
午後7時15分まで

1歳誕生日から申請

延長保育順次降園

延長保育順次降園

延長保育順次降園

0歳児は月齢により食事、その他の生活時間が異なります。

保育園の給食

魚の西京焼き
(魚の西京焼き)
(写真)食事はみんなで楽しく
(楽しい食事)
  1. 保育園給食では、子どもたちの健やかな成長を願い、栄養士が質・量・栄養のバランスを十分考慮して献立を作成し、安全でおいしい食事を提供するように心がけています。献立表は毎月お渡ししますが、ホームページでも乳幼児献立や給食レシピを紹介しています。こちらも併せてご覧ください。 
  2. 遠足など行事の場合家庭から弁当を持参していただくことがあります。
  3. お子さんに食物アレルギーがある場合、医師の指示のもと、「卵」と「牛乳・乳製品」については除去し、基本的にそれに替わる食材で代替給食を提供します。ただし、アレルギーの原因となる食物が「卵」「牛乳・乳製品」の場合や、「卵」「牛乳・乳製品」を含め複数ある場合は給食提供が困難なため、家庭から弁当を持参していただきます。
  4. 宗教上の理由により食べられない食材が入った料理の場合は、家庭より弁当を持参していただきます。
  5. 冷凍母乳を使用したい場合は、冷凍した母乳を保育園にお持ちいただければ解凍して使用します。冷凍母乳は、登園時にお持ちくださるか、職場が近いなどの場合は、園に来ていただいて、母乳を飲ませることもできます。

健康管理

保育園では規則正しい生活をし、常に健康に留意しています。

保育園は大勢の子どもたちの集団生活です。子どもたちの健康を守るために、小児科または内科及び歯科の嘱託医の健康診断を受けて健康管理を行っています。ご家庭でお子さんの様子が普段と変わっている時は、細かい事でもご連絡ください。 発熱に限らず、下痢や嘔吐などお子さんの身体の具合が悪い時は、無理な登園は避けましょう。また、保育中に発熱するなど身体の具合が悪くなり、受診や安静が必要であると判断した時は、保育園から保護者に連絡をし、速やかにお迎えに来ていただきます。

感染症と診断されたら、保育園にお知らせください。医師の登園許可が出るまで、ご家庭での保育をお願いします 。感染症が治って登園する時は、「登園許可書」または「登園届」を提出してください。詳しくは、「登園許可書」または「登園届」 の部分をクリックすると画面が表示されます。

園内の感染症発生状況については、保健便りや掲示でお知らせします。子どもがかかりやすい感染症については、主な小児感染症一覧を御覧下さい。主な小児感染症一覧の部分をクリックすると画面が表示されます。
 

感染症の予防のために、主治医と相談して、計画的に予防接種を受けましょう。

保健行事

  • 定期健康診断
    春季・秋季
  • 歯科検診
    春季・秋季
    5月
  • プール前健康診断
    7月
  • 身体測定
    毎月

保育園での与薬

保育園では、原則として薬は飲ませません。ただし、喘息やアトピー性皮膚炎、食物アレルギーなどの慢性疾患で保育中の与薬がどうしても必要な時は、ご相談ください。 医師の指示により与薬することがあります。
 

お子さんの健康管理について次のようなことに気をつけましょう。

乳児の食事風景写真
乳児食はひとりでも食べられます
  1. 早寝、早起きの習慣をつけましょう
  2. 睡眠は十分とりましょう
  3. 朝食は必ず食べましょう
  4. 朝、顔を洗う、歯をみがく、髪をとかす習慣をつけましょう
  5. 登園前に排便をする習慣をつけましょう
  6. なるべく薄着の習慣をつけましょう
  7. できるだけ多く歩くようにしましょう
  8. 外から帰ったり、食事の前には手洗い、うがいをしましょう
  9. からだ、衣類、履物はいつも清潔にしましょう
  10. 手足の爪は、週1回程度切りましょう
     

災害共済(日本スポーツ振興センター災害共済)

保育園で、園児が負傷し医療を受けた場合、医療費の一部を給付する制度に加入しています。

  1. 給付金は、総医療費(健康保険法に規定する医療保険並診療における医療費)が5,000円以上の場合(保護者負担が3割の場合、1,500円以上の自己負担額の時)が対象になります。
  2. 総医療費の4割(乳幼児医療費助成制度『まる乳』使用の場合は1割)が、約3か月後給付されます。
  3. この共済制度の掛け金は区で負担しています。

主な年間行事

保育園によってそれぞれ違いや特色がありますが、季節や時期に応じた、次のような行事があります。年度始めに園だより等で示されます。

  • 入園・進級祝いの会
    4月
  • 子どもの日
    5月
  • 七夕、プラネタリウム見学、プール開き
    7月
  • 秋の遠足、運動会
    10月
  • お楽しみ会
    12月
  • 節分
    2月
  • ひな祭り、お別れ遠足、就学祝いの会
    3月
  • 誕生会
    毎月

保育園とご家庭との連携

保育園はご家庭と連携し、情報を交換しあいながら子育てを応援します。

保育園ではお子さんを共通理解し、子育てに役立てていくため、年に2~3回保護者会を設け保護者の方とお子さんについて一緒に話し合う場を設けています。保育参観・保育参加・懇談会・個人面談等さまざまな形態があります。ぜひ参加のご協力をお願いします。

連絡ノート、いろいろなおたよりは、保育園と保護者の連携を図ります。

連絡ノートは、保護者と園を結ぶ大事なものです。ご家庭からは、お子さんの体調・食事・睡眠など、保育園からは遊び・お散歩・食欲や昼寝など在園時のお子さんの様子を伝えることで、保育園と保護者がお子さんの健康状態や日々の成長についての情報を共有します。
また、毎月発行する「園だより」には行事案内や保育内容、育児情報などを、「健康だより」には乳幼児に関する健康豆知識や流行中の疾患情報などを、「給食だより」には季節の旬の食材や栄養などを掲載しています。そのほか、必要に応じて「クラスだより」などもあります。

主な入園準備品

基本的にはお家にある物、または市販品等でも結構です。用意していただく種類や数は、保育園によって多少違いますので、入園が決まってからの面接でお聞きください。

  • 乳児・幼児共通
    汚れ物入れ袋・布団カバー入れ袋・布団カバーへの名前付け・帽子
  • 乳児用
    エプロン(2~3枚)・おしぼりタオル(4~8枚)・ビニールポーチ・手提げ袋
  • 幼児用
    通園かばん・連絡帳・お手拭タオル(ひもつき)・上靴
  • その他
    着替え・おむつ

おむつ

おむつは、自宅から持参する紙おむつまたは布おむつ・おむつカバーを使用します。汚れた紙おむつ・布おむつ(家から持参した場合)は、帰りに持ち帰っていただくことになります。

このページについてのお問い合わせ先

子ども教育部 保育園・幼稚園分野(子) 運営支援担当

区役所3階 16番窓口

電話番号 03-3228-8940
ファクス番号 03-3228-5667
メールフォーム
受付時間 月曜日から金曜日の午前8時半から午後5時まで(祝休日、年末年始を除く)

このページを評価する

ウェブサイトの品質向上のため、このページについてのご意見・ご感想をお寄せください。
より詳しくご意見・ご感想をいただける場合は、お問い合わせ・ご意見フォームからお送りください。

簡易アンケート