•  
  • メール
最終更新日 2016年6月24日
ページID 012147印刷

ひとり親家庭の職業訓練支援制度

母子家庭等自立支援教育訓練給付金

 雇用保険未加入の方が、仕事に結びつくような技能の向上や資格取得のために教育訓練指定講座を受講した場合、入学料及び受講料に対する給付金を支給する事業です。
 指定講座の修了後、入学料及び受講料の60%(上限20万円、下限12,001円)を支給します。

対象

 区内在住の20歳未満のお子さんを扶養している母子家庭の母及び父子家庭の父で 、次のすべての条件に当てはまる方

  1. 児童扶養手当を受給もしくは同等の所得水準の方
  2. 適職に就くために必要であると認められる方
  3. 過去に本訓練給付金を受給していない方
  4. 受講開始日現在において雇用保険法による教育訓練給付の資格を有していない方(雇用保険未加入の方)

手続き

  • この給付金を受けるには事前の相談が必要です。講座申込み手続きの2週間前までに申請してください。 
  • 給付対象となる講座は事前に相談を受けた講座に限ります。
  • 事前相談と申請は、電話でご予約のうえ区役所3階子ども総合相談窓口へ(予約先:子育てサービス担当 03-3228-5612)。

教育訓練指定講座

 講座の検索ができる厚生労働省のホームページは、下のリンクからご覧下さい。

  教育訓練給付制度 厚生労働大臣指定教育訓練講座検索システム(新しいウインドウで開きます)

母子家庭等高等職業訓練促進給付金等事業

 就職に有利な資格を取得するため、養成機関等で1年以上の修業をする場合、高等職業訓練促進給付金の支給を最長3年まで行います。
さらに修了支援給付金を修了後に支給します。

対象

 区内在住の、20歳未満のお子さんを養育している母子家庭の母及び父子家庭の父で、次のすべての条件に当てはまる方

  1. 児童扶養手当を受給もしくは同等の所得水準の方
  2. 養成機関において修業年限1年以上の一定の課程を修業し、資格の取得が見込まれる方
  3. 就業または育児と修業との両立が困難であると認められる方
  4. 訓練・生活支援給付金等、訓練促進給付金と趣旨を同じくする給付を受けていない方
  5. 過去に本制度を利用していない方

対象資格

 看護師・准看護士・介護福祉士・保育士・理学療法士・作業療法士・保健師・助産師・理容師・美容師・歯科衛生士・製菓衛生師・調理師など

手続き

  • 修業訓練の開始前に事前相談が必要です
  • 訓練促進給付金の支給申請は、修業開始日以降に行うことができます
  • 修了支援給付金は、修了後30日以内に申請が必要です
  • 事前相談と申請は、電話でご予約のうえ区役所3階子ども総合相談窓口へ(予約先:子育てサービス担当 03-3228-5612)

その他の職業訓練・就労支援制度

 東京都、ハローワークなど中野区以外の制度の案内も電話・窓口でいたします。
 また、母子家庭のお母さんに限らず、職業訓練を必要としている方向けの支援制度もあります。それらの制度のご案内は下のリンクからご覧下さい。

 中野区就労・求人支援サイト「ぐっJOBなかの」(新しいウインドウで開きます) 

 厚生労働省 求職者支援制度のご案内(新しいウインドウで開きます)

 東京はたらくネット(新しいウインドウで開きます)

このページについてのお問い合わせ先

子ども教育部 子ども家庭支援センター 

中野区役所3階 11番窓口

電話番号 03-3228-5613
ファクス番号 03-3228-5657
メールフォーム
受付時間 月曜日から金曜日までの午前8時半から午後5時まで(祝休日、年末年始を除く)

このページを評価する

ウェブサイトの品質向上のため、このページについてのご意見・ご感想をお寄せください。
より詳しくご意見・ご感想をいただける場合は、お問い合わせ・ご意見フォームからお送りください。

簡易アンケート