•  
  • メール
最終更新日 2016年4月12日
ページID 012146印刷

育児支援サービス(ホームヘルプサービスなど)

ひとり親家庭ホームヘルプサービス

 保護者の方やお子さんの病気などで家事や育児に困っている、小学生以下のお子さんがいるひとり親家庭にホームヘルパーを派遣します。利用するためには、年度ごとに事前の登録が必要です。

対象者

 区内在住で小学生以下のお子さんを扶養しているひとり親家庭の保護者の方
 親族・友人・その他から家事や育児の援助が受けられない場合で、利用要件に当てはまるときにご利用できます。
 ただし、お子さんの健康状態等(感染症や入院する必要がある場合等)によっては、ヘルパーの派遣ができない場合があります。

利用要件

  1. 保護者がケガや病気をしてお子さんの世話ができない場合
  2. お子さんが、ケガや病気をしたが保護者の勤務等により介護ができない場合
  3. 保護者がお子さんをおいて、冠婚葬祭へ出席する必要がありお子さんの世話ができない場合
  4. 保護者が休日勤務のためお子さんの世話ができない場合

派遣時間

 ホームヘルパーは、午前7時から午後10時までの間で、2時間以上11時間以内の必要な時間を限度として派遣します。ただし、利用要件1の場合は2時間以上4時間以内が限度です。

利用者負担金

 所得の基準により、ホームヘルパーの派遣に要する費用の一部を負担していただきます。
 負担金額1時間あたり:0円~1,250円

登録手続き

受付場所
中野区役所3階子ども総合相談窓口
必要書類
1 ひとり親家庭であることを証明するもの(児童扶養手当証書、戸籍謄本、ひとり親家庭等医療証 など)
2 所得を証明できる書類(前年度の所得がわかる書類【例】源泉徴収票、確定申告書の控えなど)
3 就労を証明する書類(在職証明書等)

 登録時に面接し、審査のうえ後日、利用登録決定通知を送付します。

利用登録決定後のヘルパー派遣について

 利用登録を決定した方に、利用登録決定通知書を送付する際、利用方法の案内を同封します。
 申込みは必要のつど、区役所3階子ども総合相談窓口または電話で受けつけます(区役所が閉庁している夜間、早朝、休日などには中野区さつき寮にて電話で受けつけます)。

その他の育児支援サービス

 ひとり親家庭に限らず、子育て中の家庭に対する育児支援サービスのご案内は、下のリンクからご覧ください。

保育園での就学前のお子さんの一時的なお預かり 
一時保育・短期特例保育

 お子さんの子育ての援助を受けたい方と援助したい方が会員となり、地域の中で助け合いながら子育てをする支えあい活動のご案内 
ファミリー・サポート事業(病児保育も実施)

日曜・祝日・年末に保護者の方のお仕事などで、就学前のお子さんのお預かりが必要な場合 
年末保育・休日保育

病気・ケガの回復期にある就学前のお子さんのお預かり 
病後児保育

保護者の方の入院などのため、お子さんを宿泊でお預かりする必要がある場合 
子どもショートステイ

保護者の方の仕事・病気などのため、一時的に夜間の時間帯にお子さんをお預かりする必要がある場合 
トワイライトステイ

民間団体が実施している子育て支援サービスのご紹介 
子育て家庭の家事・育児を援助する民間団体のサービスです

区内で乳幼児の一時預かりを行っている自主グループの情報 
自主グループによる一時預かり

発達上支援が必要な小学校6年生までのお子さんを、保護者の方の疾病などで介護が困難な場合に日中アポロ園でお預かりする制度のご案内 
中野区立療育センターアポロ園緊急一時保護事業

子育て中・これからご出産の方向けの情報のメール配信のご案内 
なかの子育て応援メールマガジンを配信しています

24時間自動音声対応の電話・ファクスによる情報提供サービスのご案内 
TOKYO子育て情報サービス

区が毎年発行しているハンドブックのPDF版 

子育て支援ハンドブック「おひるね」

このページについてのお問い合わせ先

子ども教育部 子ども家庭支援センター 

中野区役所3階 11番窓口

電話番号 03-3228-5613
ファクス番号 03-3228-5657
メールフォーム
受付時間 月曜日から金曜日までの午前8時半から午後5時まで(祝休日、年末年始を除く)

このページを評価する

ウェブサイトの品質向上のため、このページについてのご意見・ご感想をお寄せください。
より詳しくご意見・ご感想をいただける場合は、お問い合わせ・ご意見フォームからお送りください。

簡易アンケート