•  
  • メール
最終更新日 2016年12月27日
ページID 010484印刷

児童手当認定請求書

内容

手続きが必要なとき

出生、転入などにより、児童手当を新規に申請するとき。
児童手当の詳細(支給額、支給月等)については、児童手当等のページをご覧ください。
児童手当等のページへ

出生したお子さんの兄弟姉妹が、すでに児童手当を受給している場合には新規ではありません。この場合は、児童手当額改定認定請求書により申請していただきます。
児童手当額改定認定請求の申請書ダウンロードのページへ

提出期限

原則として申請月の翌月分から支給しますので、お早めに申請してください。(下記注意事項を参照してください。)

受付窓口

窓口で申請をする場合

申請書をダウンロードして必要事項を記入し、以下のいずれかの窓口まで、添付書類(以下に説明があります。)とともに持参してください。

郵送で申請をする場合

申請書をダウンロードして必要事項を記入し、添付書類とともに 〒164-8501 中野区中野四丁目8番1号 中野区役所 子ども家庭支援センター 児童手当担当まで送付してください。
個人情報の記載があるため、簡易書留を推奨します。普通郵便の場合、事故等の保障はありません。
申請受理日は、請求書が区役所に到着した日です。

添付書類

  • 個人番号がわかるもの(通知カード等)+ 本人確認書類(運転免許証・保険証等) 
  • 申請者名義の口座番号が確認できる通帳・カード等(郵送申請の場合を除く)

公金の振り込めない金融機関は不可です。

  • 申請者の健康保険証(郵送の場合は写しが必要です、) または厚生・共済年金加入証明書

(児童のものは不要です。)
国民健康保険組合加入者(全国土木建築国民健康保険組合者を除く)で厚生年金に加入の方は、年金加入証明書が必要です(担当までお問い合わせください)。
年金加入証明書(以下の関連ファイルよりダウンロードできます。)
国民年金に加入者と年金未加入の方は、健康保険証の提出は必要ありません。

  • 平成28年1月2日以降、中野区に転入された方は、平成28年度住民税課税証明書(児童手当用)

(平成28年1月1日に住民登録のあった市区町村で発行します。源泉徴収票等による代用はできません。また、配偶者が税法上の扶養親族でない場合は、配偶者の課税証明書も必要です。)

  • その他、お子さんを監護する状況により別途書類が必要となる場合があります。
  • 添付書類は後日提出可です。

注意事項

手当の支給は原則として、請求をした月の翌月分からとなりますので、手続きが遅れないようご注意ください(ただし、申請日が出生日、転出予定日〈転出届に記載の異動日〉の翌日から15日以内の場合、出生日、転出予定日の属する月の翌月分から支給されます)。
添付書類の提出は後日でも構いません。
認定請求書を郵送(個人情報の記載があるため、簡易書留を推奨します。普通郵便で未着の場合は、責任を負いかねます。)される場合には、到着日が申請日となります。
公務員の方は、原則として勤務先での申請となります。ただし、勤務先によっては、区での支給になる方もいますので、必ず勤務先にご確認ください。

関連ファイル

PDFファイルの閲覧には、Adobe Reader(新しいウインドウが開きます)が必要です。

このページについてのお問い合わせ先

子ども教育部 子ども家庭支援センター 子育て窓口

区役所3階 11番窓口

電話番号 03-3228-5484
ファクス番号 03-3228-5657
メールフォーム
受付時間 月曜日から金曜日までの午前8時半から午後5時まで(祝休日、年末年始を除く)

このページを評価する

ウェブサイトの品質向上のため、このページについてのご意見・ご感想をお寄せください。
より詳しくご意見・ご感想をいただける場合は、お問い合わせ・ご意見フォームからお送りください。

簡易アンケート