•  
  • メール
最終更新日 2015年3月18日
ページID 020538印刷

中野区子ども・子育て支援事業計画

 区は、これまで「中野区次世代育成支援行動計画(前期・後期計画)」等に基づき、 「子どもたちがのびのびと成長し、楽しく子育てができるまち」をめざし、子どもと子育て家庭を支える地域づくりや子育てしやすい環境の整備を進めてきました。
 平成24年8月に制定された「子ども・子育て関連3法」を踏まえ、次世代育成支援行動計画でのこれまでの取組みを検証するとともに、平成27年度から始まる子ども・子育て支援新制度や新たな区民ニーズに対応するため、「中野区子ども・子育て支援事業計画」の策定を進めてきました。
 策定にあたっては、区長の附属機関である「中野区子ども・子育て会議」において協議するとともに、意見交換会やパブリック・コメント手続きを実施し、区民のみなさまからいただいた意見・提案を参考に、平成27年3月に「子ども・子育て支援事業計画」を決定しました。

「中野区子ども・子育て支援事業計画」

 

計画の位置付け

(1)子ども・子育て支援法第61条に基づく「子ども・子育て支援事業計画」、次世代育成支援対策推進法第8条第1項に基づく「次世代育成支援行動計画」、厚生労働省通知に基づく「母子保健計画」として位置付ける、中野区の子育て支援に関する総合計画です。
(2)現在改定中の「中野区基本構想」及び「新しい中野をつくる10か年計画」との整合性を図ります。
 

計画期間

 平成27年度から平成31年度までの5年間

計画の基本理念

「子どもたちがのびのびとすこやかに成長し、子どもを育てる喜びを感じながら、安心して子育てができるまち」

 すべての子どもが自分らしさを大切にし、のびのびと育ち、自立した大人へと成長していくことは、私たちだれもの願いです。
 区は、子ども一人ひとりの成長や家庭の状況に応じた切れ目ない支援を行い、すべての子育て家庭が安心して子育てができる環境を整え、子どもたちの姿があふれた活気のある地域づくりを進めていきます。
 「このまちで、子育てをして本当に良かった」とだれもが互いに喜びあえ、「子どもを産み育てたい」との希望を持つ人々が集う中野のまちをめざします。

基本理念を実現するための視点

○一人ひとりの子どもの幸せを最優先に考えます
○地域全体で力を合わせて子どもの育ちと子育てを支援します
○妊娠・出産期からの切れ目ない多様な支援を行います

基本目標と取組みの柱

 基本理念に基づき、3つの基本目標を定め、目標達成に向けた取組みを実施します。

目標1 すこやかに育つ子どもたち

 取組みの柱1 すこやかな妊娠・出産の支援
  (主な取組み)
   すこやか福祉センターにおける相談・支援
   妊娠期における健康診査や保健指導、産後支援の充実
 取組みの柱2 子どもの健康増進
  (主な取組み)
   乳幼児健康診査の充実、子どもの歯と口の健康づくり、幼稚園・保育施設等における身体づくり
   食生活習慣の改善に向けた取組み
 取組みの柱3 子どもへの虐待の未然防止と適切な対応
  (主な取組み)
   虐待の未然防止と早期発見、養育支援訪問事業、虐待防止ネットワークの充実
 取組みの柱4 障害や発達に課題がある子どもへの支援
  (主な取組み)
   障害児支援施策の推進、発達相談の充実、特別支援教室への巡回指導の実施
 取組みの柱5 家庭の子育て力の向上
  (主な取組み)
   さまざまな情報媒体を使用した子育て支援情報の提供、親の学びの場の提供
   小学生から中高生までの保育体験の推進

目標2 充実した教育や支援に支えられる子育て家庭

 取組みの柱1 多様で質の高い教育・保育の提供
  (主な取組み)
   区立保育園の民営化による保育環境の整備と定員の拡大
   民間保育施設の誘致、運営支援
   病児・病後児保育
   幼稚園教諭及び保育施設等職員の研修及び合同研究の充実
   保育施設、幼稚園、小学校の連携強化
 取組みの柱2 ニーズに応じた子育て支援サービスの推進
  (主な取組み)
   利用者支援事業、一時保育、子どもショートステイ、トワイライトスティ
   放課後児童健全育成事業(学童クラブ)

目標3 地域に育まれ豊かに育つ子どもたち

 取組みの柱1 子どもや子育て家庭と地域の連携の強化
  (主な取組み)
   すこやか福祉センターにおける子育て支援活動の情報提供
   地域ぐるみで子育てを行うための連携強化、放課後の子どもの居場所づくり事業
   中高生への健全育成事業
 取組みの柱2 子どもの安全を守る活動の充実
  (主な取組み)
   中高生を対象とした防災訓練の推進、子どもに対する交通安全指導、セーフティ教室
   情報モラル教育の推進、保護者への啓発推進

需要見込みと確保方策

 幼稚園や保育園などの教育・保育施設、利用者支援事業や放課後児童健全育成事業(学童クラブ)などの地域子ども・子育て支援事業について、現在の利用状況や今後の利用希望などを踏まえた「需要見込み」と「確保方策」を定め必要なサービスを提供していきます。

需要見込みと確保方策を定める事業

教育・保育施設 地域子ども・子育て支援事業
認定こども園 利用者支援事業
幼稚園

地域子育て支援拠点事業

保育園 妊婦健康診査

地域型保育事業

(小規模保育事業、家庭的保育事業

 居宅訪問型保育事業、事業所内保育事業)

乳児家庭全戸訪問事業
養育支援訪問事業
子育て短期支援事業
子育て援助活動支援事業
一時預かり事業
延長保育事業
病児・病後児保育事業
放課後児童健全育成事業(学童クラブ)

計画の点検・評価

 計画に基づく施策の実施状況等については、「中野区子ども・子育て会議」で毎年度、点検・評価を行い、その結果を公表します。

このページについてのお問い合わせ先

子ども教育部 子ども教育経営分野 企画財政担当

区役所5階 2番窓口

電話番号 03-3228-5610
ファクス番号 03-3228-5679
メールフォーム
受付時間 月曜日から金曜日までの午前8時半から午後5時まで(祝休日、年末年始を除く)

このページを評価する

ウェブサイトの品質向上のため、このページについてのご意見・ご感想をお寄せください。
より詳しくご意見・ご感想をいただける場合は、お問い合わせ・ご意見フォームからお送りください。

簡易アンケート