•  
  • メール
最終更新日 2017年6月21日
ページID 024212印刷

境界層該当措置について

境界層該当措置とは

 介護福祉施設入所等の介護サービスを利用中等の方が、本来の利用者負担や介護保険料を負担すると生活保護が必要になるが、それより低い基準の利用者負担や保険料であれば、生活保護を必要としなくなる場合に低い基準を適用する制度です。

事務手続きについて

 境界層に該当するかどうかは、まず生活保護の申請をしていただく必要がありますので、福祉事務所にご相談ください。

 福祉事務所にて、全ての収入や資産等の資料を持参のうえ生活保護の申請をした結果、境界層該当を理由として却下になったときは「境界層該当措置証明書」の交付を受けて、介護資格保険料担当(区役所2階6番窓口)に提出してください。

措置の内容

 生活保護を必要としない段階になるまで次の順で適用します。

1.介護保険料の滞納があっても給付額の減額(給付制限)を行わない。
2.介護保険施設における居住費や滞在費の負担限度額をより低い段階とする。
3.介護保険施設における食費の負担限度額をより低い段階とする。
4.高額介護サービス費を算出する際の負担上限額を下げる。
5.介護保険料の所得段階をより低い段階とする。

このページについてのお問い合わせ先

区民サービス管理部 介護保険分野 介護資格保険料担当

区役所2階 6番窓口

電話番号 03-3228-6537
ファクス番号 03-3228-8972
メールフォーム
受付時間 月曜日から金曜日までの午前8時半から午後5時まで(祝日を除く)

このページを評価する

ウェブサイトの品質向上のため、このページについてのご意見・ご感想をお寄せください。
より詳しくご意見・ご感想をいただける場合は、お問い合わせ・ご意見フォームからお送りください。

簡易アンケート