•  
  • メール
最終更新日 2013年4月1日
ページID 004765印刷

特別区民税・都民税 特別徴収税額の納期の特例に関する申請

内容

 特別徴収義務者(特別区民税・都民税を社員の給与から天引きして、市区町村に納税している事業者)で、正社員の人数が常時10人未満の場合は、納税の納期を年2回にまとめる納期の特例を受けることができます。

  • 特例適用後の納入月:6~11月分を12月10日までに、12~5月分を6月10日までに納入(10日が金融機関休業日にあたる場合は翌営業日)
  • 注意、納期の特例の承認を受けている特別徴収義務者(事業者)は、納税義務者(従業員)から特別徴収した特別区民税・都民税の特例納期限の属する月の期限内に納入しなかった場合には、地方税法の規定に基づき市町村民税の脱税に関する罪(地方税法第324条第2項)に問われることがあります。
    (参考)地方税法324条第2項(抜粋)個人の市町村民税に係る納入金の全部又は一部を納入しなかつた特別徴収義務者は、三年以下の懲役若しくは五十万円以下の罰金若しくは科料に処し、又は懲役及び罰金を併科する。
    地方税法第324条第4項(抜粋)第二項の違反行為をした場合においては、その行為者を罰するほか、その法人又は人に対し、この条の罰金刑を科する。
    (参考事例)事業不振のため、社員から特別徴収した特別区民税・都民税を事業の資金繰りに横領して使ってしまったため、特別区民税・都民税を納入期限内に納税できない。 (脱税行為)

受付窓口

持参して申請をする場合

申請書をダウンロードして必要事項を記入し、 税務分野(区役所3階1番窓口)に持参してください。
(エクセル版はここをクリックしてください。)

※Excel 97~2003をご利用の場合には、お手数をおかけしますが、表示されたエクセルファイルを一旦、名前を付けて保存(Excel 97~2003ブック 形式)してからご利用ください。

郵送で申請をする場合

申請書をダウンロードして必要事項を記入し、〒164-8501 中野区中野四丁目8番1号 中野区役所 税務分野給与特別徴収担当まで送付してください。
(エクセル版はここをクリックしてください。)

※Excel 97~2003をご利用の場合には、お手数をおかけしますが、表示されたエクセルファイルを一旦、名前を付けて保存(Excel 97~2003ブック 形式)してからご利用ください。

地方税ポータルシステム(eLTAX)は利用できません

 eLTAX(エルタックス)を利用した電子申告については、以下の1)から5)の申告のみ行えます。 
 1)給与支払報告書
 2)給与支払報告書・特別徴収に係る給与所得者異動届出書
 3)普通徴収から特別徴収への切替連絡書
 4)退職所得に係る納入申告書
 5)公的年金等の支払い報告書

 ※eLTAXを利用し1)から5)の申告を行う場合は、以下の関連ページをクリックしてご覧ください。
 eLTAX(エルタックス)を利用し電子申請で給与支払報告書等の提出を行う場合 

東京電子自治体共同運営電子申請サービスを利用して申請する場合

 東東京電子自治体共同運営サービスサイトにて、電子申請を共同運営センターのページから手続きができます。
 下記の関連情報をご覧ください。
 なお、この電子申請には“公的個人認証サービスの電子証明書”が必要になります。

手数料

無料

電子申請

東京電子自治体共同運営サービスサイトにて、電子申請を共同運営センターのページから手続きができます。
共同運営センターの電子申請のページは、下記関連情報をご覧ください。

このページについてのお問い合わせ先

区民サービス管理部 税務分野 区民税課税担当

区役所3階 1番窓口

電話番号 03-3228-8917
ファクス番号 03-3228-8747
メールフォーム
受付時間 月曜日から金曜日までの午前8時半から午後5時まで(祝日を除く)

このページを評価する

ウェブサイトの品質向上のため、このページについてのご意見・ご感想をお寄せください。
より詳しくご意見・ご感想をいただける場合は、お問い合わせ・ご意見フォームからお送りください。