•  
  • メール
最終更新日 2016年2月15日
ページID 001191印刷

公的個人認証サービス(電子証明書の発行)

公的個人認証とは

これまで、行政機関への申請や届出には、直接窓口へ出向いて手続きをする必要がありました。 公的個人認証サービスを利用することで、これまでの窓口での手続きに加えて、自宅のパソコンから行政機関に対してインターネットを利用した電子申請や届出ができるようになりました。
この電子申請や届出には、

申請者が間違いなく本人で成りすましでないこと
申請内容が改ざんされていないこと

などの確認が不可欠です。
この確認に使われる電子証明書を発行するのが公的個人認証サービスで、電子証明書は住民基本台帳カードに記録してきました。
 

電子申請のできる主な手続き
 
 

住民基本台帳カードへの電子証明書の新規発行・更新は終了しました

住民基本台帳カードへの電子証明書の新規発行・更新は、同カードの交付終了に伴い、平成27年12月22日で終了しました。すでにお持ちの電子証明書については、有効期間内は利用できます。

マイナンバーカード(個人番号カード)には標準装備

マイナンバーカード(個人番号カード)には、電子証明書が標準装備されます。

電子証明書の有効期間

  • 住民基本台帳カードの電子証明書 電子証明書の発行から3年間
  • マイナンバーカード(個人番号カード)の電子証明書 電子証明書の発行から5回目の誕生日まで

 

有効期間の確認方法

現在の電子証明書を発行した際にお渡ししている電子証明書の写し(紙)や公的個人認証サービス利用者クライアントソフトにて 電子証明書を表示させる等で確認できます。
詳しくは、公的個人認証サービスポータルサイト オンライン窓口をご覧ください。

公的個人認証サービス利用に対応したパソコン等の仕様

公的個人認証サービスを利用する際に、パソコンの仕様等についてご確認ください。
詳しくは公的個人認証サービスポータルサイトへ
使用できるバージョン及びMac OSについては対応していない電子申請がありますので、各行政手続きのホームページなどでご確認ください。

 ICカードリーダライタ

電子証明書で申請や届出をするには、ICカードリーダライタ(ICカードを読み取る装置)が必要です。
お使いいただくICカードリーダライタは、中野区の住民基本台帳カードに対応した適合性検証済の製品を参考にしてください。
詳しくは、公的個人認証サービスポータルサイト サービス利用に必要となるICカードリーダライタをご覧ください。

失効するとき

電子証明書は次の場合、失効します。

  1. 利用をやめる場合
  2. マイナンバーカード(個人番号カード)・住民基本台帳カードの紛失や盗難等により利用をやめたい場合
  3. 転居や婚姻等により氏名や住所等に変更があった場合
  4. 都知事による職権失効があった場合
  5. 有効期間満了の場合
  6. 都知事の発行者署名符号が漏えい、滅失又はき損した場合

電子証明書の有効性の確認や失効申請は、公的個人認証サービスポータルサイト オンライン窓口で手続きできます。
 

電子証明書を記録したマイナンバーカード(個人番号カード)・住民基本台帳カードの紛失・盗難があったとき

電子証明書を記録したマイナンバーカード(個人番号カード)・住民基本台帳カード を紛失や盗難にあった場合は、速やかに、警察署へお届けの上、区の窓口で紛失の届出(秘密鍵漏えい等届出)をしてください。
電話でのお届けはできません。区に紛失の届出をすることで、電子証明書は失効します。

受付窓口

個人番号通知・カード交付担当 (区役所1階窓口)

受付時間

月曜日から金曜日まで(祝日、年末年始、夜間、日曜開庁時を除く) の午前8時半から午後5時まで

手続きできる方

本人

手続きに必要なもの

写真付きの本人確認書類
運転免許証、パスポート、在留カード、外国人登録証明書、特別永住者証明書、一時庇護許可書、仮滞在許可書、 顔写真付きの官公署発行の免許証・許可証・資格者証等で有効期限内のもの
本人確認書類の氏名、住所などが、住民登録の内容と一致している必要があります。
これらの本人確認書類をお持ちでない場合は、郵便により本人確認を行います。
 

電子証明書の利用をやめたいとき

受付窓口

個人番号通知・カード交付担当 (区役所1階窓口)

受付時間

月曜日から金曜日まで(祝日、年末年始、夜間、日曜開庁時を除く) の午前8時半から午後5時まで

手続きできる方

本人

手続きに必要なもの

マイナンバーカード(個人番号カード)又は住民基本台帳カード
 なお、写真なし住民基本台帳カードについては、以下の本人確認書類が必要となります。
 運転免許証、パスポート、在留カード、外国人登録証明書、特別永住者証明書、一時庇護許可書、仮滞在許可書、顔写真付きの官公署発行の免許証・許可証・資格者証等で有効期限内のもの
 本人確認書類の氏名、住所などが、住民登録の内容と一致している必要があります。
 これらの本人確認書類をお持ちでない場合は、郵便により本人確認を行います。

その他

ご自宅のパソコンからインターネットを通じて利用をやめる手続きができます。
公的個人認証サービスポータルサイト オンライン窓口でご確認ください。この場合は、マイナンバーカード(個人番号カード)・住民基本台帳カードに記録された電子証明書と鍵ペアを、後日、区役所で消去してください。
 

パスワードを忘れた、ロックされて使えなくなったとき

受付窓口

個人番号通知・カード交付担当 (区役所1階窓口)

受付時間

月曜日から金曜日まで(祝日、年末年始、夜間、日曜開庁時を除く) の午前8時半から午後5時まで 

手続きできる方

本人

手続きに必要なもの

マイナンバーカード(個人番号カード)又は住民基本台帳カード 
 
なお、写真なし住民基本台帳カードについては、以下の本人確認書類が必要となります。
 運転免許証、パスポート、在留カード、外国人登録証明書、特別永住者証明書、一時庇護許可書、仮滞在許可書、顔写真付きの官公署発行の免許証・許可証・資格者証等で有効期限内のもの
 本人確認書類の氏名、住所などが、住民登録の内容と一致している必要があります。
 
これらの本人確認書類をお持ちでない場合は、郵便により本人確認を行います。 

パスワードの変更について

設定しているパスワードがわかっていて、パスワードの変更をする場合は、ご自宅のパソコンでも変更できます。
パスワード変更の案内 
 

電子申請のできる主な手続き

公的個人認証サービスを利用して、ご自宅のパソコンからインターネットを通じて、行政機関等に各種申請や届出を行うことができます。
電子申請のできる主な行政手続きは次のとおりです。

  • 国税電子申告
    所得税確定申告等
  • 総務省関係
    恩給受給者の改氏名の届出、無線従事者の免許の申請、行政文書開示請求書の提出等
  • 社会保険関係
    厚生年金保険被保険者種別変更届、雇用保険被保険者資格取得届、ボイラー整備士免許の新規交付申請等
  • 国土交通省関係
    自動車保有手続のワンストップサービス等
  • 証明書交付申請
    住民票の写し、軽自動車税納税証明書、特別区民税・都民税の課税及び納税証明書等
  • 住民基本台帳カード又はマイナンバーカードを利用する転出届

くわしい内容や手続き方法は、各ホームページでご確認ください。
国や東京都の手続き概要は、東京都の公的個人認証サービスのホームページ(新しいウィンドウで開きます。)でご覧ください。
中野区の手続きは、電子申請の総合窓口でご覧ください。

関連ファイル

PDFファイルの閲覧には、Adobe Reader(新しいウインドウが開きます)が必要です。

このページについてのお問い合わせ先

区民サービス管理部 戸籍住民分野 個人番号通知・カード交付担当

区役所1階 8番窓口

電話番号 03-3228-5425
ファクス番号 03-3228-5653
メールフォーム
受付時間 月曜日から金曜日の午前8時半~午後5時(祝休日、年末年始を除く)

このページを評価する

ウェブサイトの品質向上のため、このページについてのご意見・ご感想をお寄せください。
より詳しくご意見・ご感想をいただける場合は、お問い合わせ・ご意見フォームからお送りください。

簡易アンケート