•  
  • メール
最終更新日 2016年7月4日
ページID 022582印刷

スポーツ施設でのトラブル増加中!(消費者相談の現場から 2016年6月号)

相談事例1

 「無料体験」と大きく書かれたチラシを見て、無料ならと軽い気持ちでスポーツ施設の体験コースに参加したところ、その場で契約書へ の記入を求められた。体力にはそれほど自信も無く、体験だけのつもりだったが、その場の断れない雰囲気もあり思わず契約書に記入してしまった。帰宅後、家族に反対されたため取り消したいが、契約書に「退会する場合は違約金がかかる」とあり不安になった。

相談事例1

 昨年入会したスポーツクラブを健康上の理由でやめたいと思い、電話に出た職員に退会の意思を伝え、了承されたと思っていたが、退会の処理がなされておらず、会費を請求されてしまった。

消費生活センターからアドバイス

  衣替えの時期を迎え、汗ばむ日も多くなり、薄着の季節となりました。テレビCMなどでの有名人の成功事例等により、ダイエットや健康維持を目的に、スポーツ施設を利用しようとお考えの方もいらっしゃると思いますが、上記事例のようなスポーツ施設でのトラブルが増加しており注意が必要です。

 【事例1】のように「無料体験」と書かれていても、何が「無料」なのかはっきりしない場合があるため、申し込む際は、「無料」となる内容や範囲、有料の契約を結ぶことが前提となっているかどうかを必ず確認しましょう。「特別割引」など特典を強調して契約を急かされても、その場では決して契約せず、家族や周囲の人に必ず相談してください。
 【事例2】のようなトラブルは、消費者が事業者に対し、電話で退会の意思表示をしたことで退会手続きが終了したと誤解することで起こります。退会手続きについては、事業者への意思表示以外に何が必要か契約書や会員規約を確認し、事前に把握しておきましょう。契約書面等を紛失してしまった場合は、事業者から取り寄せ、大切に保管しておきましょう。
 また、上記事例以外にも、スポーツジム内での利用者同士のトラブルやインストラクターへの不満など、当センターでは、昨年4月以降20件以上の様々なご相談をお受けしています。少しでも不安に思ったら、ひとりで悩まず、消費生活センター等にお気軽にご相談ください。

 ご注意ください

 平成28年熊本地震に関連して、耐震リフォームを執拗に勧める怪しい電話を受けたというケースが区内で発生しました。被害に遭いそうになったときは、すぐに最寄の公的機関の窓口や消費生活センターにご相談ください。また、万が一、被害に遭われたときには、速やかに警察へ届出をしてください。

困ったとき心配なときは

消費生活センターまでお電話ください
相談受付 相談直通電話  03-3389-1196
相談時間 月曜日から金曜日 午前9時半から午後4時(土曜日・日曜日・祝日・年末年始は休み)

このページについてのお問い合わせ先

区民サービス管理部 区民サービス分野 

中野区中野四丁目8番1号

電話番号 03-3228-5568
ファクス番号 03-3228-5456
メールフォーム
受付時間 月曜日から金曜日の午前8時半から午後5時まで(祝休日、年末年始を除く)

このページを評価する

ウェブサイトの品質向上のため、このページについてのご意見・ご感想をお寄せください。
より詳しくご意見・ご感想をいただける場合は、お問い合わせ・ご意見フォームからお送りください。

簡易アンケート