•  
  • メール
最終更新日 2017年10月1日
ページID 022365印刷

行政不服審査法による不服申立て

 

  行政不服審査法の概要

行政不服審査法は、国民の権利利益の救済を図るとともに、行政の適正な運営を確保することを目的として、行政庁の違法又は不当な処分その他公権力の行使に当たる行為に関し、不服申立てをすることができる制度を定めています。制度の概要は、次のとおりです。

1  不服申立て(審査請求)の対象

(1)行政庁の処分その他公権力の行使に当たる行為
(2)法令に基づく申請に対する行政庁の不作為

 ※ 不作為とは、法令に基づく申請に対して何らの処分をもしないことをいいます。

2  不服申立ての種類

原則は、「審査請求」です。
ただし、個別の法律に特別の定めがある場合には、審査請求の前に処分庁に対して「再調査の請求」をすることができます。 

3  不服申立て(審査請求)をすることができる方

処分についての審査請求は、「行政庁の処分に不服がある者」(行政庁の違法又は不当な処分により自己の権利若しくは法律上保護された利益を侵害され、又は必然的に侵害されるおそれのある者)です。
不作為についての審査請求は、「法令に基づき行政庁に対して処分についての申請をした者」です。 

4  不服申立て(審査請求)をすることができる期間

原則として、処分があったことを知った日の翌日から起算して3か月以内(再調査の請求の決定を経た場合は、その決定があったことを知った日の翌日から起算して1か月以内)です。
また、処分(再調査の請求をしたときは、その決定)があった日の翌日から起算して1年を経過していないことが必要です。

5  審査請求の提起先・方法

審査請求は、法律に特別の定めがない限り、処分庁(処分をした行政庁)又は不作為に係る行政庁(以下「処分庁等」といいます。)に上級行政庁がある場合には当該処分庁等の最上級行政庁に、処分庁等に上級行政庁がない場合には当該処分庁等に、それぞれすることになります。
審査請求の方法は、行政不服審査法の定めにより、次に掲げる事項を記載した審査請求書を提出してしなければなりません。
また、審査請求書には、審査請求人の押印が必要です。
審査請求書の提出先や記載事項について不明な点がありましたら、担当までお問い合わせください。

※ 上級行政庁とは、その行政事務に関して、処分庁等を直接指揮監督する権限を有する行政庁をいいます。

処分についての審査請求書の記載事項

 必ず記載が必要な事項
  • 審査請求人の氏名又は名称及び住所又は居所
  • 審査請求に係る処分の内容

【記載例】
 中野区長の○年○月○日付け○中経行第○号による審査請求人に対する○○に関する処分

  • 審査請求に係る処分があったことを知った年月日
  • 審査請求の趣旨及び理由

【記載例】
 趣旨
  上記処分(のうち○○に関する部分)を取り消すとの裁決を求める。
 理由 
  ア 中野区長から○○に関する処分を受けた。
  イ 中野区長は、その処分の理由を、・・・のためとしている。
  ウ しかしながら、本件処分は、・・・であるから、○○法第○条に違反している。
  エ 本件処分により審査請求人は、・・・(法的権利又は利益)を侵害されている。
  オ 以上の点から、本件処分(のうち○○に関する部分)の取消しを求める。

  • 処分庁の教示の有無及びその内容

【記載例】
 「この処分に不服があるときは、この処分の通知を受けた日の翌日から起算して3か月以内に、中野区長に審査請求をすることができます。」との記載があった。

  • 審査請求の年月日


※ 一定の要件に該当する場合(審査請求人が法人その他の社団若しくは財団である場合、代理人によって審査請求をする場合、審査請求期間の経過後に審査請求をする場合等)は、上記以外の記載が必要となり、また、審査請求書以外に書類を提出していただくことがあります。

不作為についての審査請求書の記載事項

必ず記載が必要な事項
  • 審査請求人の氏名又は名称及び住所又は居所
  • 当該不作為に係る処分についての申請の内容及び年月日
  • 審査請求の年月日


※ 一定の要件に該当する場合(審査請求人が法人その他の社団若しくは財団である場合、代理人によって審査請求をする場合等)は、上記以外の記載が必要となり、また、審査請求書以外に書類を提出していただくことがあります。

 審査請求の審査の流れ

 審理員が指名される場合の審査請求から裁決までの流れは、次のとおりです。
 なお、中野区区政情報の公開に関する条例に基づく非公開決定等に対する審査請求及び中野区個人情報の保護に関する条例に基づく不開示決定等に対する審査請求については、審理員による審理手続は行われず、中野区情報公開・個人情報保護審査会に諮問をし、その意見を尊重して裁決が行われます。

1 審理員による審理手続

審査請求の審理は、行政不服審査法第9条第1項ただし書に該当する場合を除き、審査庁が指名した審理員(処分に関する手続に関与していないなど一定の要件を満たす者)が行います。


<行政不服審査法第9条第1項ただし書に該当する場合>

  • 教育委員会、選挙管理委員会、監査委員、建築審査会等が審査庁の場合
  • 条例に基づく処分について条例に特別の定めがある場合(情報公開請求又は自己情報開示請求に係る審査請求の場合)
  • 審査請求が不適法であって補正することができないことが明らかであるため当該審査請求を却下する場合等

2 弁明書等の提出

審理員は、処分庁等に対し弁明書の提出を求めるとともに、提出された弁明書を審査請求人に送付します。
審査請求人は、当該弁明書に対し、反論書を提出することができます。
審理員は、審査請求人から反論書が提出されたときは、これを処分庁等に送付します。

3 口頭意見陳述等

審査請求人から申立てがあった場合は、審理員は、口頭意見陳述を行います。
なお、審査請求人は、処分庁等から審理員に提出された書類等の閲覧、写しの交付等を求めることができます。

4 中野区行政不服審査会への諮問

審理員の審理手続が終結すると、審理員は、審査庁(区長。以下同じ。)がすべき裁決に関する意見書(審理員意見書)を作成し、審査庁に提出します。
審査庁は、審理員意見書の提出を受けたときは、行政不服審査法第43条第1項各号のいずれかに該当する場合(審査請求人が審査会への諮問を希望しない場合等)を除き、中野区行政不服審査会に諮問します。
諮問をしたときは、その旨を審査請求人等に通知します。

<中野区行政不服審査会>

区長の附属機関で、法律又は行政に優れた識見を有する委員3人で組織されています。
審査庁から諮問があったときは、当審査請求について調査審議し、審査庁に答申します。

5 裁決

中野区行政不服審査会からの答申を受けた審査庁は、裁決書を作成し、審査請求人にその謄本を送付します。

標準審理期間

審査庁においては、審査請求の標準審理期間(審査請求書が区役所に到達してから当該審査請求に対する裁決をするまでに通常要すべき標準的な期間)を、6か月程度と定めています。
なお、この標準審理期間は、目安であり、これよりも審理が長くなる場合もあります。
また、標準審理期間は、運用状況等によって見直すことがあります。

審理員(候補者)

弁護士 須田 徹
弁護士 中野 敬子

平成28年度の不服申立ての処理状況等について

平成28年度の不服申立ての処理状況及び裁決の内容は、次のとおりです。なお、行政不服審査法(平成26年法律第68号)による改正前の行政不服審査法(昭和38年法律第29号)が適用される不服申立ては含まれていません。

1 不服申立ての処理状況について

不服申立て(審査請求)の件数

1 住民基本台帳法関係           1件
2 地方税法関係              1件
3 児童福祉法関係             5件
4 中野区区政情報の公開に関する条例関係  3件
5 中野区個人情報の保護に関する条例関係  1件

処理内容(平成29年3月31日現在)

1 一部認容 2件(中野区区政情報の公開に関する条例関係、中野区個人情報の保護に関する条例関係)
2 取下げ  1件(児童福祉法関係)
3 審査中  8件

2 裁決の内容について

 

不服申立日 処分の根拠法令 裁決日 申立内容 裁決の内容 裁決
1 平成28年4月20日 中野区区政情報の公開に関する条例 平成29年2月14日

区政情報非公開決定処分を取り消し、請求情報の公開を求める。

【請求情報】

平和の森公園再整備及び新体育館建設整備構想・整備基本計画策定支援業務委託の成果品である整備構想報告書、公園基本計画報告書及び新体育館基本計画報告書

請求情報の全部を公開しないとした決定を、個人情報に該当する部分を除き公開するとの決定に変更する。 一部認容
2 平成28年8月23日 中野区個人情報の保護に関する条例 平成29年2月10日

自己情報一部不開示決定処分を取り消し、請求情報の全ての開示を求める。

【請求情報】

不服申立人について中野区職員と嘱託医との間でなされた協議に関し、(1)嘱託医の住所及び氏名、(2)医学的見地からの内容等

自己情報一部不開示決定処分のうち、「嘱託医への協議連絡票」中「協議内容」欄を不開示とした決定を取り消す。 一部認容

 

 

このページについてのお問い合わせ先

経営室 行政監理分野 行政監理担当

区役所5階 6番窓口

電話番号 03-3228-8909
ファクス番号 03-3228-5434
メールフォーム
受付時間 月曜日から金曜日までの午前8時半から午後5時まで(祝休日、年末年始を除く)

このページを評価する

ウェブサイトの品質向上のため、このページについてのご意見・ご感想をお寄せください。
より詳しくご意見・ご感想をいただける場合は、お問い合わせ・ご意見フォームからお送りください。

簡易アンケート