•  
  • メール
最終更新日 2018年11月26日
ページID 026481印刷

2018年11月16日 区長定例記者会見を行いました

11月区長定例記者会見

11月16日(金曜日)に、中野区長の定例記者会見を行いました。配付した資料は、こちら(PDF形式4,577キロバイト)をご覧下さい。

会見の動画は、こちらからご覧いただけます。(新しいウィンドウで開きます。)

定例記者会見の内容

  • 風しんの抗体検査及び予防接種費用助成事業の対象者拡大について
  • 東京2020オリンピック競技大会正式種目「ボクシング」観戦イベントについて

会見の概要

記者会見の概要は以下のとおりです。質疑応答は主なものを掲載しています。

風しんの抗体検査及び予防接種費用助成事業の対象者拡大について

今年、首都圏を中心に風しんが流行し、都内では10月21日にまでの患者報告数が510人にのぼった。
中野区では、今回の風しんの流行と、厚生労働省が掲げる2020年までの風しん排除(風しんゼロ)に向け、風しん抗体検査と予防接種の費用助成の対象を12月1日から拡大することとした。 

質疑応答

  •  今回の対象者拡大について、「同居を要件としない」制度は国・都では未導入とのことだが、他の自治体ではどうなのか。

すべての自治体について調べ切れているわけではないが、少ないと思う。都内では、千代田区、足立区が同居を要件としていないようである。

  • 拡大分は区単独の予算で行うのか。また、費用助成は何人分を想定しているのか。

区単独の予算である。来年度予算は現在検討中だが、今年度(12月からの4か月)で450人分の抗体検査費用を、そのうち200人分の予防接種費用助成を想定している。

東京2020オリンピック競技大会正式種目「ボクシング」観戦イベントについて

中野区では、東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会の開催を契機に、気運の醸成と“する”“みる”“ささえる”スポーツの推進を目的として、これまでも様々な事業を実施してきた。
このたび、東京2020大会の正式種目であるボクシングを取り上げ、中野区オリンピック・パラリンピック推進事業「ボクシングリアル観戦イベントTHE BOXING SHOW NAKANO SPECIAL MATCH」を実施することとした。なお、本事業は、「東京2020参画プログラム」の認証を受け、実施する予定である。

質疑応答

質疑なし

その他の質疑応答

  • 9月と10月に開催した新庁舎ワークショップのねらいを教えて欲しい。また、区民から出された提案の中で前向きに検討したいものなどはあったのか。

区民が使うスペース、主に1階のシティホール、食堂などを中心に、どんな機能があったら良いか意見をもらった。
提案書では様々な意見をもらったが、これから整理して基本設計に生かしていきたい。

関連ファイル

PDFファイルの閲覧には、Adobe Reader(新しいウインドウが開きます)が必要です。

このページについてのお問い合わせ先

政策室 広報分野 報道担当

区役所4階 4-5窓口

電話番号 03-3228-8803
ファクス番号 03-3228-5645
メールフォーム
受付時間 月曜日から金曜日までの午前8時半から午後5時まで(祝休日、年末年始を除く)

このページを評価する

ウェブサイトの品質向上のため、このページについてのご意見・ご感想をお寄せください。
より詳しくご意見・ご感想をいただける場合は、お問い合わせ・ご意見フォームからお送りください。

簡易アンケート