•  
  • メール
最終更新日 2018年12月1日
ページID 022390印刷

平和資料展示コーナー

 平成28年4月11日(月曜日)から、中野区役所4階に「平和資料展示コーナー」を常設しました。平成28年3月31日まで平和の森公園事務所内「平和資料展示室」で展示をしていた平和資料の展示を行っています。定期的に展示内容の入れ替えを行いますので、ぜひお立ち寄りください。

現在展示中のパネル・実物資料

「江古田国民学校学童疎開」

パネル画像 説明
学童疎開

江古田国民学校学童疎開

中野区江古田国民学校3~6年生(女子)は、福島県岩瀬郡須賀町長松院第二尚和寮へ学童疎開をしました。昭和19年12月13日から15日までの学童疎開先での様子を記録した写真です。当時の学童疎開先での生活がうかがえる貴重な写真です。資料提供 大庭孝子氏より

第二尚和寮 長松院 第二尚和寮 長松院
六時 元気に起床清掃洗面 六時 元気に起床清掃 洗面
七時 朝礼体操 七時 朝礼体操 集合終わり
八時 感謝で朝食 八時 感謝で朝食 味噌汁
九時、十時 習字 九時、十時、十時 習字 復習運動
生活指針 生活指針
運動 皆で縄跳び 運動 皆で縄跳び

 五味先生もご一緒に

五味先生もご一緒に
息も真っ白に元気よく 息も真っ白に元気よく
合唱、比島決戦の歌 合唱、比島決戦の歌
音盤に合わせてお部屋へ 音盤に合わせてお部屋へ
今週授業は午後 今週授業は午後
十二時 よくかんで昼食 十二時 よくかんで昼食
三時 嬉しいおやつ分配 三時 嬉しいおやつ分配
四時 入浴 四時 入浴(お掃除) 寮母さんたち
六時、七時 自由時間 六時、七時 自由時間 大きな火鉢
 はなをたて 神長倉先生 はなをたて 神長倉先生
仲よし文庫 仲よし文庫
つくろひ 寮母さん

つくろひ 寮母さん

楽しいお家からのお便り 楽しいお家からのお便り
諸佛に守られて静かに 諸佛に守られて静かに
深き安堵の眠り 深き安堵の眠り
実物資料画像 説明
ゲートル

ゲートル

すねの部分をまいて歩きやすくするもの

上高田 大川良夫氏より寄贈

防衛食容器

防衛食容器

戦時中の陶器製の缶詰容器。不足していた金属の代わりに作られ、中は真空状態になっており、食品が入っていた。蓋の中央部にある窪みをクギなどでつついて穴を開け、空気を入れて開封する仕組みになっている。

大和町 井上和昭氏より寄贈

被爆瓦

被爆瓦

広島市南区在住 青木栄氏より寄贈

被爆エノ木

被爆エノ木

1945(昭和20)年、長崎に投下された原子爆弾で被爆したエノ木の枝の一部。被爆した部分は熱線の影響により、樹皮が溶けてはがれおち、幹の中心付近は一直線に黒い線が入っている。

広島市在住 枝野譲氏より寄贈

1トン爆弾の破片

1トン爆弾の破片

広島本通り岸本メガネ店にあったもの

小樽ナツカ氏より寄贈

広島の原爆で被爆したメガネ

広島の原爆で被爆したメガネ

広島本通り岸本メガネ店にあったもの

小樽ナツカ氏より寄贈

奉公袋

奉公袋

出征兵士が軍隊に出向く時、軍隊手帳・召集令状・勲章・日用品など軍隊生活に必要なものを入れて持ち歩いていた袋

若宮 川瀬竹次郎氏より寄贈

慰問袋

慰問袋

戦地で苦労している兵士をなぐさめるため慰問袋を作った。中身は靴下・チリ紙・手紙などであった。無事を祈って「千人針」を縫って入れたりもした。

新井 安江紀子氏より寄贈

次回の展示予定

次回は平成30年12月に入替えを行う予定です。

これまでの展示内容

このページについてのお問い合わせ先

政策室 企画分野 平和・国際化担当

区役所4階8番窓口

電話番号 03-3228-8987
ファクス番号 03-3228-5476
メールフォーム
受付時間 月曜日から金曜日までの午前8時半から午後5時まで(祝休日、年末年始を除く)

このページを評価する

ウェブサイトの品質向上のため、このページについてのご意見・ご感想をお寄せください。
より詳しくご意見・ご感想をいただける場合は、お問い合わせ・ご意見フォームからお送りください。

簡易アンケート