•  
  • メール
最終更新日 2005年3月26日
ページID 005565印刷

中野の空襲

空襲被害

空襲被害
年月日 空襲被害内容
昭和16年
12月 8日
 中野のまちに警戒警報のサイレンが初めて鳴りひびく。この日から、昭和20年8月18日までの間に1,200回のサイレンが中野のまちに鳴りひびいた。
昭和17年
3月 5日
空襲警報が初めて鳴りひびく。(ひと月半後)敵機が来襲、初めての負傷者を出す。
昭和19年
11月24日
鷺宮二丁目空襲を受ける。(死者4人)この日を境に、B29による首都空襲が本格化して、連日連夜サイレンが鳴りひびく。
昭和19年
12月3日
鷺宮、空襲を受ける。(被害不明)
昭和19年
12月27日
本町通・西町・江古田・野方町、空襲を受ける。(死者2人、重軽傷者8人、被害家屋8戸)
昭和20年
1月9日
千光前町・宮園通・野方町・江古田・沼袋町・鷺宮、空襲を受ける。(被害なし)
昭和20年
1月27日
本町通・朝日ヶ丘・桃園町、空襲を受ける。(死者1人、重軽傷者2人、被害家屋1戸)
昭和20年
2月16~17日
本町通・上高田・江古田・向台、空襲を受ける。(重軽傷者1人、被害家屋3戸)
昭和20年
4月13日~14日
昭和通・東中野駅・住吉町・上高田・大和町・鷺宮、空襲を受ける。(死者2人、重軽傷者1人、被害家屋783戸、被災人口約3,000人)
昭和20年
5月24日
鷺宮、空襲を受ける。(被害家屋30戸)
昭和20年
5月25日
山の手大空襲で、多田町・栄町通・昭和通・本町通・東郷町・新山通・仲町・鷺宮・江古田・野方町・大和町が空襲を受ける。(死者418人、 負傷者は約1,600人、全焼家屋は約20,000戸)


このページについてのお問い合わせ先

政策室 企画分野 平和・国際化担当

区役所4階8番窓口

電話番号 03-3228-8987
ファクス番号 03-3228-5476
メールフォーム
受付時間 月曜日から金曜日までの午前8時半から午後5時まで(祝休日、年末年始を除く)

このページを評価する

ウェブサイトの品質向上のため、このページについてのご意見・ご感想をお寄せください。
より詳しくご意見・ご感想をいただける場合は、お問い合わせ・ご意見フォームからお送りください。

簡易アンケート