•  
  • メール
最終更新日 2018年8月13日
ページID 005559印刷

中野区 非核・平和事業の主な取り組み(年表)

時系列インデックス

「年月日(和暦、西暦)」、「取り組み内容」の順に表記。

昭和57年(1982)

8月15日

中野区が「憲法擁護・非核都市」を宣言。区民の請願(署名数11,973人)を区議会が採択し、区が宣言文を作成。 啓発用懸垂幕の掲出(区役所、地域センター等7か所)、宣言文(3,400枚)を関係者へ送付、宣言文の区報掲載などを行った。

昭和58年(1983)

8月12日

イギリス・大ロンドン市と中野区が「平和を守り核の脅威を取り除くための共同宣言」を行う。

8月15日~21日

一周年記念行事。宣言文パネルの掲出(地域センター、学校等78か所)、宣言塔の設置、宣言ステッカーの作成(区のお知らせ板に貼付)を行う。

昭和59年(1984)

4月12日~15日

第1回非核自治体国際会議(イギリス・マンチェスター市)。当区を含め、9か国から99自治体が参加。

4月20日~28日

「平和展’84」を開催し「区民の平和論集」を発行。

5月 3日

平和護憲の像〈母と子の平和)
平和護憲の像

勤労福祉会館に、平和護憲の像〈母と子の平和〉を建立。

7月6日

第1回都内非核・平和宣言都市首長懇談会を開催(4区7市参加)。

8月2日

イギリス・大ロンドン市の議長との懇談会を開催。

昭和60年(1985)

3月28日~31日

第2回非核自治体国際会議(スペイン・コルドバ市)。当区を含め、10か国、99自治体が参加。

5月~ 7月

区民より「平和のシンボルマーク」を募集。

7月17日

第2回都内非核・平和宣言都市首長懇談会を開催(10区6市参加)。

7月20日~26日

「平和展’85」を開催。被爆現物品も展示。

8月 5日~7日

「広島・平和の旅」区内の青年97人が参加。

8月 5日~ 9日

第1回世界平和連帯都市市長会議(広島・長崎)に区長参加。

8月15日

「中野の戦災記録写真集」を刊行。

昭和61年(1986)

7月22日~24日

「平和展’86」を開催。区の平和に対する取組みなどを紹介。

8月15日

平和の森公園に、平和記念碑を建立。広島市役所の被爆敷石をベースにした碑。

10月9日~12日

第3回非核自治体国際会議(イタリア・ペルジア市)。当区を含め、15か国から162自治体が参加。

昭和62年(1987)

6月1日

東ドイツのドレスデン、マクデブルク両市と中野区が「核兵器の廃絶を願い、恒久平和への努力を誓う共同声明」を発表。

8月7日~ 9日

「平和レポートの旅」実施。区民レポーター7人が被爆地長崎を訪問。

8月17日~10月15日

「平和展’87」を開催。区内4か所の会場(地域センター、青年館)を巡回展示。

12月6日

「平和フォーラム」を実施。区民主体の「平和フォーラム実行委員会」が企画・運営。

12月15日

ニュージーランド・ウェリントン市と中野区が「世界平和へ向けての共同宣言」を行う。

昭和63年(1988)

8月5日~7日

「平和レポートの旅」実施。福祉ボランティアなど区民10人が被爆地広島を訪問。

10月1日~7日

「平和展’88」を開催。広島被爆現物資料などを展示紹介。

11月1日

「いま、平和と人権そして国際化を考える」をテーマに講演と映画のつどいを開催。

平成元年(1989)

2月8日~11日

第4回非核自治体国際会議(アメリカ・ユージン市)当区を含む16か国92自治体が参加。

7月20日

平和の森公園事務所に「平和資料展示室」を設置。

8月4日~9日

第2回世界平和連帯都市市長会議(広島・長崎)に区長参加。

8月8日~11日

「女性と平和―長崎への旅―」区内の女性10人が平和祈念式典に参加。

平成2年(1990)

4月1日

「中野区における平和行政の基本に関する条例」を公布・施行。

8月3日

「平和のつどい’90」を開催。

8月5日~ 8日

「女性と平和の旅(広島への旅)」区内の女性10人(うち外国人3人)が参加。

8月15日~18日

「平和展’90」を開催。

11月2日

統一ドイツの新たな出発を記念し、マクデブルク市へオオヤマ桜の苗木200本を寄贈。

11月8日~12日

第5回非核自治体国際会議(イギリス・グラスゴー市)に参加

平成3年(1991)

2月20日

中東湾岸戦争の即時停戦と平和を求める区長声明を行う。中東湾岸戦争の即時停戦と和平を求める意見書を区議会で全会派一致により採択。 平和広報ビデオの制作。「平和への旅(19分)」

7月4日~ 7日

「女性と平和(沖繩の旅)」に区民10人が参加。

7月9日~10日

第2回環太平洋非核自治体会議(ニュージーランド・ウェリントン市)に参加。

8月15日~17日

「平和展’91」を開催。

8月15日

「平和のつどい’91」を開催。

12月5日

平和広報ビデオ「戦争のなかのこどもたち(ある国民学校の集団疎開(23分))」の制作。

平成4年(1992)

1月14日

「憲法擁護・非核都市の宣言」銘板を区内20公園に設置。

3月24日

区議会「従軍慰安婦問題の謝罪・補償を求める意見書」採択。

4月30日

区立施設への憲法擁護・非核都市宣言ポスターパネル掲出。

7月18日

女性会館で平和交流会(女性と平和(沖縄の旅)報告ほか)開催。

8月 5日~ 7日

親子平和の旅(広島)実施。親子7組14人が参加。

8月11日

憲法擁護・非核都市宣言塔
宣言塔

憲法擁護・非核都市宣言塔新設。(写真右)「平和のつどい’92」で「いのちの火」をテーマに澤地久枝さんの講演。

8月11日~16日

「平和子供絵画展」「平和展’92 戦禍のなかの子どもたち」開催。

8月15日

区報「憲法擁護・非核都市宣言」10周年記念特集号発行。

11月4日~ 8日

第6回非核自治体国際会議(横浜市)に区民とともに参加。

平成5年(1993)

3月

区立小中学校に平和文庫を設置。

3月18日

「憲法擁護・非核都市の宣言」銘板を区内30公園に設置。

3月23日

「中野区民戦争体験記録集・平和への祈りを次代へ」を発行。

7月20日~30日

「平和展’93 中学生からのメッセージ・広島にふれて」を開催。

7月24日

「平和のつどい’93 白い町ヒロシマ」を開催。

8月 4日~ 9日

第3回世界平和連帯都市市長会議(広島・長崎)に区長が参加。

8月 5日~ 7日

親子平和の旅(広島)を実施。区内の親子10組20人が参加。

平成6年(1994)

3月

「中野区民戦争体験記録集・第二集」を発行。

「憲法擁護・非核都市の宣言」銘板を区内20公園に設置。

8月 4日~ 6日

平和の旅(被爆者広島の旅)区内の被爆者5人が参加。

8月 8日~10日

親と子の平和のつどいで「はだしのゲン」を上映。

12月19日

平和資料館建設構想懇談会設置。

平成7年(1995)

3月 1日~10日

平和展「東京大空襲と中野の空襲」を開催。

3月 6日

平和のつどい「東京大空襲から50年」をテーマに作家・早乙女勝元氏の講演と映画「戦争と青春」の上映。

3月20日

「中野区民戦争体験記録集・第三集 (広島・長崎を語り継ぐ)」を発行。

6月15日~30日

「平和展’95 沖繩戦50年写真展」を開催。

6月27日~30日

世界平和連帯都市市長会議アジア太平洋地域会議(広島市)に参加。

7月

平和共同宣言都市ウェリントンとマクデブルクへ被爆パネル、ビデオ等を贈呈。

8月 6日

フランス核実験再開に対する中止要請書をシラク大統領あて送付。 (以後、9月6日、10月2日、10月30日、11月22日、12月28日、実験時にそのつど抗議文送付)

8月 4日~6、 8月 8日~10日

被爆者平和の旅(広島・長崎)に10人の被爆者が参加。

8月18日

中国地下核実験に対する抗議文書を江沢民国家主席あて送付。

11月 4日

「平和のつどい’95 六千人の命のビザ」をテーマに杉原幸子さん(故杉原千畝リトアニア領事代理夫人)の講演と映画「シンドラーのリスト」の上映。

11月 6日

平和資料館建設構想懇談会の最終報告がまとまる。

平成8年(1996)

1月29日

フランス核実験に対するシラク大統領あて抗議文書を本国へ送付。

6月10日

中国地下核実験に対する抗議文書を江沢民国家主席あて送付。(7月30日も抗議文送付)

8月 2日~15日

広報番組「わがまちなかの」で「平和への祈りを次代へ(戦争体験者の証言)(15分)」を制作し、CTNチャンネル5で放映。

8月1日~ 9日

「平和展’96 広島・長崎原爆写真展」を開催。

8月16日

「平和のつどい’96 世界の平和を求めて」をテーマにユダヤ人の虐殺を生存者の証言でたどった9時間半の映画「SHOAH(ショア)」を上映。

9月 2日~

「戦災の木」(東京大空襲で焼けたしいの木)を展示。(若宮小学校)

平成9年(1997)

3月5日~ 8日

子ども国際環境絵画展「美しく平和な地球を守ろう」を開催。

5月26日

アメリカ臨界前核実験実施決定に対する撤回要請書をクリントン大統領あて送付。(7月3日、9月19日実験実施に対して抗議文送付)

8月1日~14日

広報番組「わがまち なかの」で“わたしたちの街にも戦争があった(10分)”を制作し、CTNチャンネル5で放映。

8月2日~ 9日

平和展’97「世界の子どもと家族写真展」を開催。

8月4日~ 6日

第4回世界平和連帯都市市長会議(広島)に参加。

8月9日

平和のつどい’97「今、世界の国々では」をテーマに、写真家・田沼武能さんの講演「子どもは地球の鏡」と、映画「サワダ」の上映。

11月17日

ロシア臨界前核実験に対する抗議文書をエリツィン大統領あて送付。

平成10年(1998)

3月26日

アメリカ臨界前核実験に対する抗議文書をクリントン大統領あて送付。(9月28日、12月14日実験時にも抗議)

5月12日

インド地下核実験に対する抗議文書をナラヤナン大統領あて送付。(5月14日実験時にも抗議)

5月19日

パキスタン・タラル大統領へ地下核実験を行わないよう要請文を送付。(5月29日、6月1日には実験実施に対する抗議文書を送付)

7月30日~8月6日

平和展’98「原爆と人間展」を開催。

8月1日

平和のつどい’98「核の痛みを次代へ」をテーマに、脚本家・早坂暁さんの講演と、映画「夏少女」の上映

12月4日~10日

世界人権宣言50周年記念「平和と人権展-子どもたちの未来のために」をテーマに子どもの人権・紛争下における子どもの姿などのパネル展を開催。

12月10日

ロシア臨界前核実験に対する抗議文書をエリツィン大統領あて送付。

平成11年(1999)

2月10日

アメリカ臨界前核実験に対する抗議文書をクリントン大統領あて送付。

8月3日~7日

平和展’99「守ろう地球のたからもの」をテーマに、世界遺産等のパネル展を開催。

8月 7日

平和のつどい’99「親と子で平和を考える」をテーマに、「子ども平和映画会」を開催。「チョッちゃん物語」「子猫物語」の上映

10月1日

アメリカ臨界前核実験に対する抗議文書をクリントン大統領あて送付。(11月11日実験時にも抗議)

10月1日~15日

広報番組「わがまちなかの」で「21世紀を平和の世紀へ(10分)」を制作し、CTNチャンネル5で放映。

12月6日~10日

「平和と人権展-難民問題を考える」をテーマにコソボ難民等の写真や、世界人権宣言のパネル展を開催。

平成12年(2000)

2月4日

アメリカ臨界前核実験に対する抗議文書をクリントン大統領あて送付。(3月23日、4月7日、8月21日、12月15日実験時にも抗議)

2月7日

ロシア臨界前核実験に対する抗議文書をプーチン大統領代行あて送付。

8月1日~5日

平和展「21世紀を平和の世紀へ」を開催(広島・長崎の原爆被災者が描いた絵画やパネルを展示)。

8月5日

平和のつどい「21世紀を平和の世紀へ」を開催(絵本作家・葉祥明さんの講演「地雷ではなく花をください(いのちの大切さを考える)」と、映画「ライフ・イズ・ビューティフル」の上映)。

9月5日

ロシア臨界前核実験に対する抗議文書をプーチン大統領あて送付。(11月6日実験時にも抗議)

12月4日~8日

「平和と人権展」を開催。(国境なき医師団の活動の紹介や、世界人権宣言のパネルなどを展示)。

平成13年(2001)

7月30日~8月4日

平和展「21世紀を平和の世紀に(平和いま できることから はじめませんか)」を開催(「国境なき医師団」や「原爆と人間展」のパネルを展示)。

8月4日

平和のつどい「21世紀を平和の世紀に(平和いま できることから はじめませんか)」を開催(国連ボランティア名誉大使・中田武仁さんの講演「息子への手紙(地球に平和を)」と、映画「キリング・フィールド」の上映)。

9月27日

アメリカ臨界前核実験に対する抗議文書をブッシュ大統領あて送付。(12月14日実験時にも抗議)

12月4日~10日

「平和と人権展-子どもたちを守るために」を開催。(世界の子どもたちが直面している様々な問題を紹介したパネルや、世界人権宣言のパネル等を展示)

平成14年(2002)

2月14日

アメリカ、イギリス共同臨界前核実験に対する抗議文書をブッシュ大統領、ブレア首相あて送付。

6月8日

アメリカ臨界前核実験に対する抗議文書をブッシュ大統領あて送付。(8月30日、9月27日実験時にも抗議)

7月30日~

「地域平和トーク」区内7か所の児童館、ふれあいの家において、小中学生を対象に戦争体験談、ビデオ、映画上映などを実施。

8月1日~15日

「地域平和パネル展」平和資料展示室所蔵の原爆、東京大空襲等の写真などを各地域センターで一斉に展示。

8月15日

バーチャル平和資料館公開。

9月3日

憲法擁護・非核都市の宣言20周年を記念し、長崎市、広島市の両市より被爆したクスノキとアオギリの苗木の寄贈を受け、平和の森公園第2期整備区域の開園式において植樹。

10月8日~16日

「広島原爆被災展」広島平和記念資料館所蔵の被爆資料と「原爆と人間展」の写真を展示

11月1日~10日

「平和作品展」平和への願いや、未来へのメッセージをイメージした絵や俳句を区民から募集し、応募作品を展示。

11月2日

平和のつどい「平和、過去、今そして未来に目をむけて」を開催(核廃絶を求めるメッセージ区長署名、国境なき医師団の寺田朗子さんの講演「国境を越えて」と映画「博士の異常な愛情」の上映)

平成15年(2003)

4月3日

イラク戦争の即時中止を求める緊急声明文書をブッシュ大統領、ブレア首相、フセイン大統領あて送付。

7月23日~8月22日

平和展2003「巡回原爆展(非核宣言自治体協議会所蔵パネル)」、「平和の風を日本から世界へ(ピースウィンズ・ジャパン活動紹介パネル)」

8月2日

平和のつどい「平和の風を中野から世界へ」を開催(ピースウィンズ・ジャパンの三澤一孔さんの講演「国際支援の現場から」と映画「戦場のピアニスト」の上映)

10月1日

アメリカ臨界前核実験に対する抗議文書をブッシュ大統領あて送付。アメリカ20回目臨界前核実験抗議文

平成16(2004)年

5月26日

アメリカ臨界前核実験に対する抗議文書をブッシュ大統領あて送付。アメリカ21回目臨界前核実験抗議文

6月23日~7月4日

平和企画展示「山の手大空襲」区所有のパネルのほか区民団体が作成したパネルなどを展示。

7月20日~8月29日

平和展2004「巡回原爆展(非核宣言自治体協議会所蔵パネル)」、「非核自治体の過去・現在・未来(共催:非核自治体宣言草の根ネットワーク)」

7月31日

平和のつどい「平和の想いを世界へ、未来へ」を開催(中東経済研究所田中浩一郎さんの講演「中東地域も紛争解決・復興支援をめぐる諸問題」とドラマ「さとうきび畑の歌」の上映

8月11日

ロシア臨界前核実験に対する抗議文書をプーチン大統領あて送付。ロシア臨界前核実験抗議文

10月25日~11月4日

平和企画展示「紛争下の子どもの人権(日本ユニセフ協会作成パネル)」

12月6日~12月10日

「2004年度中野区人権パネル展」区内小・中学校の人権の取組み活動の展示(「人権の花運動」「人権尊重教育推進校」など)「青少年からの人権メッセージ(都立富士高等学校作成)、「子どもの権利に関するポスター展」優秀作品)

平成17(2005)年

2月21日~3月4日

平和企画展示「東京の空襲記録写真展(東京大空襲、山の手大空襲などの記録写真パネル)」

4月20日

核不拡散条約(NPT)再検討会議の成功に向けた核兵器の廃絶を求める区長メッセージを核保有国および核実験国の大使館あてに送付

送付先

  • 核保有国
    アメリカ合衆国(ブッシュ大統領)
    ロシア連邦(プーチン大統領)
    連合王国(イギリス)(ブレア首相)
    フランス共和国(シラク大統領)
    中華人民共和国(胡錦濤国家主席)
  • 核実験国  
    インド(カラーム大統領)
    パキスタン・イスラム共和国(ムシャラク大統領)

5月26日~6月30日

平和企画展示「アメリカ軍の沖縄上陸-沖縄戦-写真展」区所有のパネルを展示

7月20日

戦後60年祈念事業「フォーユース・平和のつどい」を開催(区民団体大和ノ会による「戦艦大和ノ最期」の上映)

7月22日

「中野区平和資料展示室」リニューアルオープン

7月26日~8月16日

平和企画展示「原爆被害の実相(いのちの大切さを伝える)」

8月6日

平和のつどい「平和への願いを込めて、今あなたに伝えたい」を開催(海老名香葉子氏の講演と「あした元気にな~れ」の上映)

10月17日~11月30日

平和企画展示「写真から学ぶ戦争の惨禍と平和の尊さ」

11月9日・25日

戦後60年祈念事業「語り部派遣」鍋横朗読の会による語り部派遣(中野本郷小、第二中)

12月6日・19日

戦後60年祈念事業「語り部派遣」日赤奉仕団による語り部派遣(中野昭和小、桃園第二小)

平成18(2006)年

2月1日~2月28日

平和企画展示「中野の学童疎開(江古田国民学校の記録)」江古田国民学校女子の学童疎開での一日を写真パネルで展示

2月24日

アメリカ・イギリス共同臨界前核実験に対する抗議文書をブッシュ大統領、ブレア首相あて送付。アメリカ・イギリス共同実験(アメリカ22回目臨界前核実験)抗議文

3月7日~3月31日

「平和祈念メッセージ作品展」平和祈念メッセージに応募いただいた「平和を願う想い」の俳句、短歌、絵手紙を展示

3月14日

戦後60年平和祈念事業「語り部派遣」日赤奉仕団による語り部派遣(丸山小)

3月25日

戦災復興のシンボルとなったポプラ2世を広島市の市民グループから寄贈を受け平和の森公園に植樹

5月30日~6月30日

平和企画展示「山の手大空襲」中野の空襲記録写真展示

8月1日~8月31日

平和展2006「広島・長崎の原爆記録写真展」

8月5日

平和のつどい2006「平和の尊さ大切さをあなたに伝えたい」を開催「ガラスのうさぎ」「父と暮らせば」上映と区民団体による朗読劇

8月31日

アメリカ臨界前核実験に対する抗議文書をブッシュ大統領あて送付。アメリカ23回目臨界前核実験抗議文

10月10日

朝鮮民主主義人民共和国核実験に対する抗議文書を金正日国防委員長あて送付。朝鮮民主主義人民共和国核実験抗議文

10月17日~11月16日

平和企画展示「中野の学童疎開」戦時疎開学園(山梨県恵林寺)・江古田小疎開(男子)

平成19(2007)年

2月1日~2月28日

平和企画展示「狩野光男氏が描く東京大空襲」東京大空襲で両親と2人の妹を失った狩野氏が、戦争の事実を伝えたいと描いた絵をパネル展示

2月27日

日赤奉仕団による語り部派遣「戦争体験を語る」(桃園第二小)

5月25日~6月30日

平和企画展示「中野の空襲」

8月1日~8月31日

平和企画展示「広島・長崎の原爆記録写真展」

8月5日

平和のつどい2007「未来に伝えよう 平和の尊さを」を開催(「えっちゃんのせんそう」「紙屋悦子の青春」の上映と区民団体による朗読の上演)

10月20日

日赤奉仕団による語り部派遣「戦争体験を語る」(丸山小)

10月23日~11月30日

平和企画展示「中野の学童疎開」戦時疎開学園(山梨県恵林寺)・江古田小疎開(女子)

平成20(2008)年

2月1日~2月29日

平和企画展示「狩野光男氏が描く東京大空襲」東京大空襲で両親と2人の妹を失った狩野氏が、戦争の事実を伝えたいと描いた絵をパネル展示

5月23日~6月30日

平和企画展示「中野の空襲」

7月29日~8月31日

平和企画展示「広島・長崎の原爆記録写真展」

8月2日

平和のつどい2008「考えよう平和の尊さ、伝えよう平和の願い」を開催(「ぞう列車がやってきた」「夕凪の街 桜の国」の上映と区民団体による朗読の上演)

10月28日

日赤奉仕団による語り部派遣「戦争体験を語る」(大和小)

11月4日~12月25日

平和企画展示「中野の学童疎開」

平成21(2009)年

2月1日~2月29日

平和企画展示「世界の平和を願う~イラクの子どもたちの絵と写真展」

5月26日

朝鮮民主主義人民共和国核実験に対する抗議文書を金正日国防委員長あて送付。朝鮮民主主義人民共和国核実験抗議文

5月26日~7月23日

平和企画展示「中野の空襲」

7月1日

日赤奉仕団による語り部派遣 「戦争体験を語る」(第九中)

7月27日~8月31日

平和企画展「広島・長崎の原爆記録写真展」

8月2日

平和のつどい2009「未来に伝えよう 平和への願い」を開催(「つるにの乗って~とも子の冒険」「母べえ」の上映と区民団体による朗読の上演)

10月23日~11月30日

平和企画展示「スケッチで綴るシベリア抑留の真実」

平成22(2010)年

1月28日~2月28日

平和企画展示「パレスチナ・ガザ地区に住む人々の悲しみ」

5月7日~6月30日

平和企画展示「中野の空襲」

7月8日~8月31日

平和企画展示「広島・長崎の原爆記録写真」

7月31日

平和のつどい2010「みんなに届けよう 平和のメッセージ」を開催(区民団体による朗読の上演と映画「硫黄島からの手紙」の上映)

10月14日

アメリカ臨界前核実験に対する抗議文書をオバマ大統領あて送付。アメリカ24回目臨界前核実験抗議文

10月22日~11月30日

平和企画展示「勇気の人 杉原千畝 助けられた命のメッセージ」

平成23(2011)年

2月7日~28日

平和企画展示「世界の被災地の現場より 子どもたちの写真を通して」

5月10日~6月30日

平和企画展示「中野の空襲」

5月27日

アメリカ核性能実験に対する抗議文書をオバマ大統領あて送付。アメリカ核性能実験抗議文

7月8日~8月31日

平和企画展示「広島・長崎の原爆記録写真」

7月21日

アメリカ臨界前核実験に対する抗議文書をオバマ大統領あて送付。アメリカ25回目臨界前核実験抗議文

7月30日

平和のつどい2011「みんなで考えよう かけがえのない平和」を開催(朗読劇の上演と映画「父親たちの星条旗」の上映)

10月26日~11月27日

平和企画展示「子どもたちが見たホロコースト」

平成24(2012)年

2月8日~3月6日

平和企画展示「国際支援の現場から見えること」

4月23日~6月25日

平和企画展示「山の手大空襲『中野の空襲』」、「東京大空襲」

7月5日~9月2日

平和企画展示「広島・長崎の原爆記録写真」

8月4日

平和のつどい2012「みんなで考えよう 世界平和の実現」を開催(講演会「ぼくは13歳、職業、兵士」の開催と映画「ホテル・ルワンダ」の上映)

10月22日~30日

平和企画展示「いわさきちひろ『平和パネル展』」

平成25(2013)年

 2月5日~12日

平和企画展示「アンネ・フランクと希望のバラ」

2月14日

朝鮮民主主義人民共和国核実験に対する抗議文書を金正恩国防委員会第一委員長あて送付。
朝鮮民主主義人民共和国核実験抗議文

5月10日~6月26日

平和企画展示「中野の空襲」

7月13日~9月1日

平和企画展示「広島・長崎の原爆記録写真」

8月3日

平和のつどい2013「戦争の悲惨さ、平和の尊さ」を開催(講演会「平和の知恵を求めて~世界へ、地球へ~」の開催と映画「イノセント・ボイス 12歳の戦場」の上映)

10月21日~25日

平和企画展示「ハンナのかばん」パネル展

平成26(2014)年

2月4日~13日

平和企画展示「原爆の図」パネル展

5月9日~6月25日

平和企画展示「中野の空襲」

7月12日~8月31日

平和企画展示「広島・長崎の原爆記録写真」

7月26日

平和のつどい2014「語り継ぐ、平和を願うメッセージ」を開催(落語・講演「落語で聴く『実録・東京大空襲夜話』」の開催と映画「風が吹くとき」の上映)

11月18日~25日

平和企画展示「アンネ・フランク展『希望の未来』」

平成27(2015)年

2月3日~10日

平和企画展示「世界の子ども兵・地雷」パネル展

5月8日~6月29日

平和企画展示「中野の空襲」

5月21日~12月12日

「平和の語り部」派遣事業実施(区立中学校全11校)

7月1日~8月27日

平和企画展示「広島・長崎の原爆記録写真」

7月25日

平和のつどい2015「戦後70年 改めて平和を思う」を開催(講演・落語「落語の禁止された時代があった、禁演落語五十三種とは」の開催と映画「夏の祈り」の上映)

8月2日

「平和のつどいFor Youth」を開催(中学生による「平和の語り部」の話を聞いての感想発表と演劇「子どもが少国民といわれたころ~銀次郎とハルの場合~」上演)

11月16日~20日

平和企画展示「広河隆一写真展『戦火の中の子どもたち』」

平成28(2016)年

1月8日

朝鮮民主主義人民共和国核実験に対する抗議文書を金正恩国防委員会第一委員長あて送付。
朝鮮民主主義人民共和国核実験抗議文へ 

2月3日~15日

平和企画展示「平和の語り部」パネル展

3月31日

平和の森公園事務所内の「中野区平和資料展示室」での平和資料展示終了

4月11日

区役所4階に「平和資料展示コーナー」開設

5月16日~5月30日

平和企画展示「中野の空襲」

7月22日~8月30日

平和企画展示「広島・長崎の原爆記録写真」

7月30日

平和のつどい2016「世代を超えて、語り継ぐ平和の大切さ」を開催(講演「平和構築のために私たちにできること」の開催と映画「つるにのって」の上映及び「中野区平和の語り部記録映像」の上映)

8月9日~8月12日

平和資料特別展示

9月13日

朝鮮民主主義人民共和国核実験に対する抗議文書を金正恩国務委員会委員長あて送付。
朝鮮民主主義人民共和国核実験抗議文へ 

11月15日~24日

平和企画展示「地域紛争下の子どもたち」

平成29(2017)年

2月1日~10日

平和企画展示「世界の子ども兵・地雷」

5月15日~30日

平和企画展示「中野の空襲」

7月18日~8月30日

平和企画展示「広島・長崎の原爆記録写真」

7月29日

平和のつどい2017「語り継ぐ記憶、伝えていく平和への願い」を開催(講演「戦績写真が語る、戦争の記憶」と映画「ジョバンニの島」の上映)

8月14日~16日

平和資料特別展示

9月4日

平和の語り部派遣事業実施(緑野中学校)

9月12日

朝鮮民主主義人民共和国核実験に対する抗議文書を金正恩国務委員会委員長あて送付。
朝鮮民主主義人民共和国核実験抗議文

9月20日

平和の語り部派遣事業実施(南中野中学校)

9月26日

平和の語り部派遣事業実施(中野中学校)

11月11日

平和の語り部派遣事業実施(北中野中学校)

11月13日~17日

平和企画展示「世界の難民パネル展~紛争のない世界を目指して~」

平成30(2018)年

2月1日~9日

平和企画展示「シリア難民のこどもたち」

5月14日~29日

平和企画展示「中野の空襲」

7月14日

平和の語り部派遣事業実施(中野東中学校)

7月23日~8月30日

平和企画展示「広島・長崎の原爆記録写真」

7月28日

平和のつどい2018「未来へつなぐ、平和への願い」を開催(講演「東北、紛争地から考える復興、そして平和」と映画「母と暮せば」の上映)

8月13日~15日

平和資料特別展示

このページについてのお問い合わせ先

政策室 企画分野 平和・国際化担当

区役所4階8番窓口

電話番号 03-3228-8987
ファクス番号 03-3228-5476
メールフォーム
受付時間 月曜日から金曜日までの午前8時半から午後5時まで(祝休日、年末年始を除く)

このページを評価する

ウェブサイトの品質向上のため、このページについてのご意見・ご感想をお寄せください。
より詳しくご意見・ご感想をいただける場合は、お問い合わせ・ご意見フォームからお送りください。

簡易アンケート