•  
  • メール
最終更新日 2016年4月1日
ページID 004043印刷

新しい中野をつくる10か年計画 (平成17年度~平成26年度)

 区は、基本構想で描いた基本理念を実践するとともに、将来像と10年後の姿を実現するために、基本計画となる「新しい中野をつくる10か年計画」を平成18年(2006年)1月31日に策定しました。この10か年計画は、区の中長期的な目標と戦略を明らかにしたもので、計画期間は、平成17年度(2005年度)から平成26年度(2014年度)の10年間です。
 計画の実施段階においても、常に成果を測りながら、個々の施策や事業の見直し、執行方法の改善を進め、目標の達成を図っていきます。

第1章 計画の基本的な考え方

  1. 計画の意義
  2. 計画の性格
  3. 計画の構成
  4. 計画と区政経営
  5. 計画と財政運営
  6. 計画期間と内容の確定

第2章 未来への扉をひらく4つの戦略と行政革新

 特に区民生活に影響がある大きな課題について、先導的、効果的に取り組むための戦略と、この戦略を有効に展開していくための行政革新について明らかにしています。

  1. まち活性化 戦略
  2. 地球温暖化防止 戦略
  3. 元気いっぱい子育て 戦略
  4. 健康・生きがい 戦略
  5. 行政革新

第3章 10年後の中野の姿とめざす方向

 基本構想で描く4つの領域とその柱ごとに「10年後のまちの姿」と「現状と課題」を示した上で、将来像実現のための戦略となる「施策の方向」を明らかにしています。この「施策の方向」では、将来像の達成状況の目安となる成果指標と目標値を設定するとともに、それを達成するための手段として「おもな取り組み」を示しています。

領域1「持続可能な活力あるまちづくり」

領域1-1 産業と人々の活力がみなぎるまち
領域1-2 環境に配慮する区民生活が根づくまち
領域1-3 安全で快適な都市基盤を着実に築くまち

領域2「自立してともに成長する人づくり」

領域2-1 子育て支援活動など、地域活動が広がるまち
領域2-2 子どもから大人まで、地域の中で自分の力をのばせるまち

領域3「支えあい安心して暮らせるまち」

領域3-1 人々が自分の健康や暮らしを守るために努力しているまち
領域3-2 地域活動を中心に、ともに支えあうまち
領域3-3 安心した暮らしが保障されるまち 

領域4「区民が発想し、区民が選択する新しい自治」

領域4-1 自治のしくみが効果的に機能し、さまざまな担い手によって多様なサービスが展開するまち
領域4-2 「小さな区役所」で、質の高い行政を実現するまち

第4章 持続可能な行財政運営のために

第2・3章で示した戦略と施策を有効に展開していくための行政革新と財政運営の考え方を示しています。

  1. 行政革新
  2. 財政運営

参考資料

資料1 人口の推移
資料2 10年後の施設配置
資料3 用語の意味
資料4 計画策定までの経緯(区民意見の聴取)
 

関連ファイル

関連情報

このページについてのお問い合わせ先

政策室 企画分野 企画調整担当

区役所4階8番窓口

電話番号 03-3228-5485
ファクス番号 03-3228-5476
メールフォーム
受付時間 月曜日から金曜日までの午前8時半から午後5時まで(祝休日、年末年始を除く)

このページを評価する

ウェブサイトの品質向上のため、このページについてのご意見・ご感想をお寄せください。
より詳しくご意見・ご感想をいただける場合は、お問い合わせ・ご意見フォームからお送りください。

簡易アンケート